トップ 利用案内 予約状況 メール
施術方法 質問回答 施術例 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体講習・教室

講習・教室の内容概要・受講方法を記載。質問等はメール又は電話でお問合せ下さい。

①集心法講習

情報更新日(2021/9/1)

概要

講習は、座学と実技を交えて行い、集心法の基本『支え(重心)を連続して自由に移動させられる事』を目的にしています。
普段よく見かける「力み」がなぜ起こるのか、力まない為に必要な「支え」とは何なのかを感じ取る事が出来るようになります。
練習では、支えのための足場(基底面)の強化と、体勢/状況に合わせて「支え」の位置を変え、その差を感じ取り、「力む、力まない」を選択できる力を身につけます。
(※「力まない」とは、ただ力を抜く事とは違います)

専門的知識は必要ありませんが、最低限の骨格の知識はあったほうが良いので、必要があれば講習の中で教えます。
集心法については、整体よもやま話をご覧ください。

習得による効果

講習の第一ステップは、「重心固定の動き」と「重心移動の動き」の違いを感じてもらう事です。
この感覚を上げることが重要で、それが出来ると「重心が自由な状態」を意識的に作れるようになります。
自由な状態とは、重心が固定されずどの方向にもすぐさま移動できるニュートラルのような状態の事です。
更に自由状態の重心を自在にコントロールし、好きな場所に移動させるステップへ移行します。
”重心移動の動き”と”重心固定の動き”には優劣の差は無く、どちらの動きも適材適所で必要な動きです。
この適材適所を間違うと、自らの重さ(力)が過剰にかかり、パフォーマンスの低下だけでなく、体を壊してしまいます。
その悪影響は、筋肉だけではなく体液循環・臓器の機能・精神面へも影響を及ぼします。

治療技術を希望の方へ

具体的な施術法や検査法など内容が専門的になりますので、継続した計画的受講をお願いします。
解剖学(特に筋骨格系)の知識が必須ですので、必要なかたには講義します。
手技を学ぶときに陥りやすい失敗が「感覚を錯覚してしまう事」です。
錯覚に気が付かない理由は、感覚を認識する訓練がされていないからです。
本講習では「感覚を正しく認識する」為の訓練法をいくつか考案しており、各人の目的・レベル・要望に合わせて出来るだけ最短習得を目指して指導します。
指導する時期によって指導方法や説明が若干変わります。
指導概要は専門カリキュラム(例)も参考にして下さい。

受講料金

90分:4,000円(税込)

複数人での受講も可能です。
人数が増えても受講料金は変わりませんのでご安心ください。
但し、店内が狭いため限度がありますので複数人での受講の場合はご相談ください。

回数券(6枠分)21,000円もあります。

申込み方法

受講ご希望の方は、通常の施術予約と同様、電話かメールで日時をご予約ください。
ななるべく要望に沿えるように致しますので、まずはご相談ください。

重心移動

②出張講習(集心法講習)

情報更新日(2021/04/11)

概要

ご依頼があれば出張しての集心法講習もお受けします。
講習内容は上記①の「集心法講習」と同様ですのでそちらを参照ください。
ご依頼・ご要望に合わせて出来るだけ柔軟に対応しますので、具体的な内容はご相談ください。