トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

首の歪みで耳鳴りが

耳鳴りの原因でまず気を付けることは、それが耳の中の炎症や疾患、脳の異常、高血圧など様々な病気によるものかそうでないかと言う事です。重篤な病気が潜んでいないか。そのためにはまずは病院での検査を薦めます。
病院の検査でこれらの病気が見つからずどこにも異常がない場合。原因はストレスや過労ではないかと診断される事が多いようです。
最近では加齢などによる聴力低下を補うために音を聞き取る脳の感度が上がりすぎて、逆に脳内の信号をノイズとして感知し「キーン」といった高い音を作ってしまうとも言われているようです。
ちょっと疑問なのは、老化によって耳鳴りが起こるなら歳をとるほど耳鳴り発生率は上がってしまうことになる。90歳の人は全員耳鳴り持ちってことになるのでしょうか?いずれほとんどの人が耳鳴りに悩まされる事になるってちょっと現実と一致しないような気がします。
確かに実際はそんな事はありませんし。

「耳鳴り」にもいくつかの原因があります。時にはそれらが複合して発生する場合もあるでしょう。そんな沢山ある原因の中の一つに、首の歪み(頸椎の緊張)が含まれます。原因が緊張にあるのであれば、この緊張をゆるめる事が出来れば耳鳴りを消すあるいは減少させることが出来るということです。解決への方向が少し見えてきました。

筋肉に不自然な緊張が起こりそれがロックしてしまうと、緊張の周辺だけでなくそこからかなり離れたところへも痛みが放散する場合があります(放散痛、関連痛)。どうやら頸椎周辺の緊張は痛みだけではなく目まいや耳鳴りを引き起こす場合があるようです。明確な原理は分かりません。緊張の慢性化は血液体液循環の停滞を招き組織の内圧も変化させ、また頸椎部分の動脈への悪影響は血圧の不安定も引き起こします。それらの要因が複合してめまいや耳鳴りを引き起こしているのかもしれません。もちろん緊張を原因にしている耳鳴りなのかを最初に切り分けなければいけません。
まず調べることは、

などです。これらの事をじっくり聞いて対応できるかどうかを判断しています。

では臨床例を一つ。
数ヶ月前から右の耳鳴りがひどい人です。
耳鼻科で耳の検査をし、脳外科で脳のMRIなど撮りましたが異常なし。病院では原因不明といわれました。
夜寝る頃になるとひどくなり寝不足になってしまったので、現在薬(安定剤)を飲んで眠っています。
耳鳴りに伴い高めだった血圧がさらに高くなり、血圧の薬も飲むようになりました。
耳鳴りが始まった切っ掛けは、右首筋の強いコリでした。
病院で処方された薬(コリを緩める薬)で、コリはあまり感じなくなったようですが、その後も耳鳴りは止まず、少しずつ大きくなってきました。

正座で首周りを診ると、頚椎7番あたりで大きく傾いています。頸椎の歪みと耳鳴り
同様に腰(仙骨と腰椎の間)にも大きな傾きがありました。
首の動作テストでは、右へねじりにくく、左へ倒すと右首筋に突っ張り感があります。
耳鳴りの音は「ジンジン」と鳴っています。
一番の歪みである頸椎7番の右方向への緊張をゆるめたところ、その場で耳鳴りは無くなり、首の動作も痛みなくできるようになりました。
耳鳴りの場合は即座に音が消えることは少なく、大体は日を追うごとに音が小さくなっていくのが普通です。なのでこの方は顕著に効果が現れた例です。

この方は頸椎7番の弛緩で変化が顕著に現れましたが、頚椎7番と耳が直接つながっていると言う事ではありません。6番や5番が悪くても耳鳴りが起こる場合はあるので、何処が悪いのかをまず見つけなければなりません。
また、頸椎の歪みが必ず耳鳴りに繋がるわけではなく、頭痛や首の痛みや自律神経へ影響を及ぼす場合のほうが多くあります。
自律神経への影響があるとさらに症状は多岐にわたるので、ますます悪いところを探すのが難しくなります(自律神経失調症と整体 参照)。

2018年7月加筆修正(2021.01更新)