トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

頚椎の不正が肩の痛みへ

肩の痛みには肩に原因がある場合だけではなく他の場所、例えば今回紹介する首(頚椎)に原因がある場合もあります。

この方は1年前に転倒したさいに手をついてしまい、その時に肩を痛めました。痛む場所は肩関節の前側でここ一年のあいだずっと治りきらずに痛みが続いているそうです。痛みが出始めてから2ヶ月間は就寝中にも「ジクジク痛む」感じがあったそうです。夜間痛ですね。でも今は夜間痛は出なくなったそうです。それと痛む場所(左肩の前側の結節間溝)には押すと痛みがあって、自分でその痛む場所を伸ばしたり揉んだりしたそうです。それでかえって痛みが強くなったそうです。
上腕骨頭の結節間溝は上腕二頭筋(長頭)の腱がおさまっている場所です。そこは誰でも押すと痛みがある場所で、押して痛みがあるからと言って悪いと判断するべきではありません。あまり強く揉みすぎて上腕二頭筋の腱に炎症を起こしてしまったのでしょう。
肩の動き(可動域と可動性)に大きな制限はないように見え、肩周りの筋肉にも異常な凝りは無いように思いましたが、ある特定の位置から肩を動かす動きにだけは痛みが反応し、その動きだけは激痛が走り出来ませんでした。その動きは、脇を閉めた状態からの動きです。脇を締めた位置から腕を上に上げる動きや、肩関節の外旋動作(脇を締めて肘を直角に曲げて前腕を外へ広げる動作)で激痛が走ります。
上腕二頭筋腱の損傷が疑われるのですが、それが一年も治らないのはちょっと長すぎます。腱の治癒を妨げる原因が何か他にあると考えられます。
肩周りの検査では特別目立った緊張は見当たらなかったので、今度は首の動きを検査する事にしました。首を前後左右に動かしてもらうと、首を左にねじる動きにいくらか制限が起きています。可動域の減少と動きのスムーズさが低下しています。さらに大きく左方向へねじってもらうと、左肩から痛む肩前面にかけて鈍い嫌な痛みが出ました。首のこの動きで痛みが誘発されることは本人も気が付いていませんでした。普段ここまで首をねじる事があまりないのでしょう。それで気付かなかったようです。
これで頸椎のどこかに問題がある事ははっきりしてきたので、頸椎を触診検査してみました。すると頚椎7番上下の左側に少し出っ張ったようなゆがみが見られます。緊張がある印です。この緊張を緩めていくと、首を左にねじっても嫌な痛みが肩に出なくなりました。まだ肩の動きは完全ではなく、腕を上げる動きでまだ少し痛みはあります。ただ施術前の上げられないほどの激痛は無くなりました。初回の施術はこれで終わり、その後同様の施術を3回行いやっと痛みは解消されました。一年続いた痛みでしたから、今思えば腱の部分にいくらか癒着も出ていたと思います。当初想定したよりもちょっと解決までに時間がかかってしまったのもそこら辺に原因があるように思います。

腕の筋肉は頚椎から出ている神経によって支配されています。
カイロプラクティックなどではこの神経が圧迫され腕に異常が出ると考えます。私はあまりそういう風には考えていません。神経が圧迫されて異常も起きると思いますがその時は運動神経の麻痺や感覚神経の麻痺が最初に起きると思います。痛むのは麻痺とは逆の現象ですから別に原因があると考えるのが妥当だと思います。それでは何が原因かと言うと、痛みを最も出しやすい痛みに敏感なもの、それは筋肉です(軟部組織)。素直に考えればそうなります。この筋肉は痛みに敏感なだけではなく、少し離れた場所に痛みを放散させる特徴もあります。
さて、肩を動かす際は肩関節だけが動くのではなく、肩甲骨や肋骨、胸椎、頚椎が協調して動きます。これらのどの場所に緊張が起きても協調した動きには制限がかかることになり、結果肩の故障の原因になってしまうこともあります。特に脇をしめた状態で腕を動かすには、頚椎7番周辺が柔軟に動いてくれなければいけません。頸椎の一部の緊張で協調した動きが出来なくなると、肩は自然とやり難い動き、今回の場合脇を締める動きを嫌って脇を開けたポジションで肩や腕を使うようになります。すると不安定な使い方をしている肩周辺に次第に緊張が発生して慢性疲労や損傷を招いたのだと思います。
また今回の場合のように、痛む場所が悪いと思い込み押したり揉んだりすることで自分で慢性化させることもあります。
自分の体のどこがスムーズに動いていないか、これを正確に感じるのはなかなか難しいのですが、前後左右の動きを丁寧に比較することでわかるようになって来ます。

2018年7月加筆修正(2021.01更新)