トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

交通事故で首~背中の痛み

車の事故では想像以上に大きな衝撃が体に加わる事も多く、その衝撃を受ける場所は事故時の姿勢によって様々です。車の事故の後遺症今回の話は12年前に車の事故でむち打ちになってから首から背中にかけて痛みが出る方の話です。

この方は12年前に交通事故に遭い、そのとき首がむち打ちになり、さらに腰も痛めました。それ以来腰は時々腰痛が出て、首の後ろや右の背中には慢性的な痛みがあります。整形外科、カイロプラクティック、接骨院、鍼灸など、いくつも治療院に通ったそうですが治らなかったようです。脳外科ではMRIも撮影しました。診断はストレートネックになっている事と頚椎に少し石灰化が見られる事が言われたそうですが特に異常は無いと診断されたそうです。

今までの治療院では、原因は首だと言われることが多かったそうです。私もまず首を見ましたが、特に問題は無いように思いました。そこで首の動きをテストをすると、前に倒す動きで背中(胸椎)がへこんだまま全然動いていません。背中が動いていない事は今まで一度も言われたことが無かったようです。原因かどうかは別にしても、この部分以外に異常箇所が見つからないので、これを第一目標にして施術することにしました。
首の動作では当然頸椎の動きが重要なのですが、それと同じくらい上部胸椎の動きも重要です。頸椎は骨が7個、胸椎は12個あるのですが、胸椎の上から3個目ぐらいまでは頸椎の続きで首みたいなものだと考えてもいいぐらいです。背中(胸椎)の動きに制限が出るとかなりの確率で首の動きにも制限が出ます。

胸椎上部の緊張を緩める施術の3回目が終わる頃に、やっと上部胸椎に動き(可動性)が出始めました。すると今までは見えなかった右首筋から背中へ向けてロープ状に「ピーン」と張った抵抗(緊張の筋)が浮き出てきました。どうやら首から胸椎4番へ繋がっているようです。そこでこの長いロープ状の緊張の抵抗がたるまず且つ張らない状態でバランスを取り、抵抗(緊張)感が消える位置へ首の角度を動かしながらロープ状の緊張をゆるめていくと、首の痛みが殆ど無くなりコリ感もかなり減ってきました。
その後も疲労が溜まって来た時に痛みが出そうかなあ?と言うときがあるそうなのですが、セルフケアとして指導した背骨の運動をすることで痛みが出る前に自分で治せるようになりました。

12年前の車の事故の際、左へ振り返った姿勢で衝撃を受けたそうです。胸椎をねじった状態での衝撃です。まっすぐ受ける衝撃よりも胸椎にかかる負荷は大きかったのかもしれません。その衝撃で胸椎4番周辺の緊張を生みそれが固定化。背中が常に固まった状態となってしまいそして症状を作り出していたのかも知れません。

2018年7月加筆修正(2021.01更新)