整体よもやま話

膝の軟骨変形で正座できない

横座り

膝が痛いのは、軟骨の変形のせいだと言われますね。
確かに軟骨の変形は起こります。
しかし、それと痛みとは少し離して考えた方がいいと思います。
年をとれば、骨や軟骨に変形が出るのは普通です。
しかし多くのかたが痛むことなく元気にすごしています。

膝が痛むので正座が出来ない80代の人です。
整形外科で膝の軟骨が変形していると診断され、ヒアルロン酸注射を数回行いました。
しかし残念ながら良くならなかったようです。
正座をしようとしても、痛みのため横座りになってしまいます。
痛みが出ている場所は、膝の皿周辺や膝の内側と裏側です。
膝に痛みがある場合、膝が腫れている(水が溜まっているといわれる状態)ことがよくあるのですが、このかたの場合は、膝に腫れは出ていません。
膝に体重を乗せずに曲げ伸ばしする動作は、かなりの角度まで痛みも抵抗も無く曲がります。
膝の痛む範囲がわりと広いので、施術エリアを膝の前側と内側と後側の3つのエリアに分けて行うことにしました。

痛む場所には緊張が発生しています。
その緊張を緩めるために、痛みが出ている部位、例えば膝の内側であれば外側から、内側の痛む部位に向けて、ほんの少し抵抗が出る程度の加減で膝関節を押すようにします。
強く押しすぎると、緊張と衝突する方向に動きが働いてしまい緩まなくなるので、押さず引かずの部妙なところで圧をコントロールします。
各場所、同じ施術を実施すると、それぞれ2分ほどで抵抗が緩んできましたので、次に腰をチェックしていくことにしました。
腰にはそれほど症状は出ていなかったのですが、各種テストをすると、腰の付け根(腰椎と仙骨の境目)の右側に少し痛みがあるようです。
腰仙部と言われる場所です。
そこで、膝同様に、反対側から痛む側へ向けて軽く押し緩める施術を施しました。
緩みが出てきたので正座をしてもらうと、痛みは無く正座が出来るようになっていました。
1回の施術で痛みが消えたので不思議そうにされていましたが、癒着などの悪条件がなく緩みやすかったのが良かったのです。

膝自体に損傷や極端な可動域制限が無かったので、すぐに痛みが消えましたが、膝を動かしていない期間が長いと、筋肉やその他軟部組織が硬くなってくるので、しばらくはリハビリする必要がありますし、施術にも時間を要します。

2011年掲載(2021.09更正)