トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

治療後の反応(好転反応)

治療後は今まで動けなかった関節や筋肉が動くようになり、それから停滞していた治癒が再開します。今まで固まっていた筋肉が動き始めるため一時的に筋肉痛が出て痛みが増す場合があります。今回はそんな施術後の反応、いわゆる好転反応についての話です。

この方は一ヶ月前に朝起きて突然腰が痛くなり、体が起こせなくなりました。
腰の痛みがひどく、何かに寄りかかってないと歩けないほどだったそうです。一ヶ月経ち階段の上り下りもゆっくりなら大丈夫になって来たようですが、しばらく座ってから立ち上がろうとすると腰が痛くて立ち上がれなくなります。当初は右側の腰の痛みだったようですが、来院時は左の腰の痛みも出ていました。施術結果を先に書くと、一週間おきに3回施術を行い、3回目来院時にはもう痛みも無くなっており、最終チェックして施術は終了となりました。

さて表題の「好転反応」についてですが、最初に施術を行った翌日から2日ほど腰の痛みが強く出たそうです。しかし3日目には、嘘のように腰の痛みがなくなったそうです。
この方の施術にはポジショナルリリース(カウンターストレイン)と言う技術を利用し痛みの出ている箇所(圧痛点)を緩める方法を行いました。圧痛点が主に骨盤の内側(腸腰筋)部分に出ていたので、この圧痛点が痛みが消える位置にモモを移動させ股関節の角度を調整し、約90秒程患部が緩むのを待ちます。この方法で緊張を緩めるやり方は今までも何度もやって来ましたが、特別強い好転反応が出たことは無かったので、ついうっかり痛みが一時的に強くなる事もあると注意しておくのを忘れていました。この施術法の技術書にもちゃんと一時的に痛みが強くなる事があるのできちんと伝えておきましょうと書かれていたのにダメですねえ、うっかりです。
他の施術方法であっても、施術後だるくなったり、痛みが一時的に強く出たり、痛む場所が変わる場合があります。これらをひっくるめて「好転反応」と呼んでいるのですが、「好転」とは言ってもあまり気持ちのいい反応ではありません。出来るだけ出ないようにしたいと思って施術はしています。
不調の原因部分(主に筋肉の緊張ですが)は正常に動けなくなっている状態です。そこを緩めて動けるように施術を加えるのですが、急に100パーセント回復するわけではありません。動き出した最初は個人差もありますが多かれ少なかれ小さな筋肉痛は起こります。
また痛い状態が続くと体は出来るだけ痛みが少ないよう動けるようにかばいながら順応してしまいます。それを変えるわけですから、かばっていたところがすぐに変化に対応できず一時的に負荷がかかったようになることもあるでしょう。それには個人差がありますが出来るだけ無理のない範囲・ペースで改善するよう考えて加減をしています。
また施術のあと2日間ぐらいは運動やストレッチ、負荷のかかる作業などをしないよう皆さんにお願いしており、患部の回復力を邪魔しないようにしてもらっています。

2019年4月(2021.01更新)