トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

坐骨神経痛?しびれる腰~ふくらはぎ

今回の話は、何年も前から右の腰からお尻→太もも→ふくらはぎに向けてシビレが出る30代の方です。神経痛
来院時には既に整形外科での受診を済ませており、その診断結果は坐骨神経痛でした。整形外科で電気を当てるのと牽引療法などの治療を行ってきたそうですがシビレが治らないとおっしゃって来院されました。

整形外科でレントゲン検査を済ませているので、骨折ヒビの可能性は除外して良さそうです。シビレが増す動作はどんな動きか調べると、体を前に倒したり後ろに反らすと(腰の前後屈)シビレが増すようです。ところが体をねじる動き(腰の回旋)や横に倒す動き(腰の側屈)ではシビレは出ないようです。
他にもいくつかチェックを行い、痛みの発生元は腰の付け根(下部腰椎)周辺だろうと目星をつけて調べていくと、腰の付け根(腰仙部と言って第五腰椎と仙骨の境目)に緊張している部分を見つけることが出来ました。その緊張のため、重心の移動が腰仙部で固定気味になり、体を前に曲げる動作や後ろに反らす動作で重心の前後移動が上手く働かず、腰部から下肢へ向けて痛みが放散しやすかったのでしょう。
腰仙部にできていた緊張を緩めると、腰仙部で固定されていた重心軸が動けるように修正されました。すると、それと共に腰からふくらはぎにかけてのシビレは無くなりました。

腰の付け根(腰仙部)周辺に痛みがあると、その痛みがお尻や脚に広がって(放散痛または関連痛)感じることがあります。坐骨神経と言う神経も腰からお尻を通って太ももの裏からふくらはぎへと走行しています。腰仙部から放散する痛みが坐骨神経の走行と重なっているので、なんだか坐骨神経が痛みを出している痛みだと思ってしまいますよね。でもこのような場合は坐骨神経には実は問題は無く、むしろ神経は正常に機能して痛みを伝えていると言えます。神経は筋肉から発信された痛みを正しく伝えていると言うことです。ただ、脳がこの痛みの出所を曖昧にしか把握できず痛みが広く広範囲に感じるため、神経痛と思ってしまうのですね。
痛む場所が正確に把握できないなんてそんなはず無いと普段の生活では思うかもしれませんが、結構痛みは適当にしか認識されていません。とりあえず体にとっては痛み(侵害刺激)があるのか無いのか、それがどの辺に有るのか大雑把にさえわかれば十分事足りるので。

2018年8月加筆修正(2021.01更新)