トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

些細なことから足首の痛みへ

些細なことがきっかけで痛みが起こり、それが取れなくなることもあります。足首
今回の話は立ち上がる時にほんのちょっと足首をひねっただけなのに、それを切っ掛けに足首が痛くなった方の話です。

50代女性で、先週から右足首に痛みが出ます。原因らしきものを聞くと、横座りから立つときにちょっと足首を変な格好でひねったそうで、それから痛みが続いています。でも激しくひねったわけでもなく、ほんのちょっと変な動きになったぐらいだそうです。
どんな動きで痛むのか聞くと、普通に歩いたりして動かすのは痛くないようですが、何かの拍子に不意に痛みが強く出るそうです。

先ずは足首の動作テストをしていきました。足首を各方向(屈曲、伸展、内反、外反)に自分で動かしてもらいます。予想通りこれら単純な動きではハッキリとした痛みが再現されません。今度は私が足首を動かしてみます。すると伸展(底屈)で少し違和感が出るようです。ですが痛みは無いようです。そこで今度は、カカトをもって持ち上げて(カカトを前方へ押す)みると痛みが発生しました。これはかなり痛そうです。逆にカカトを後ろへ押すのは痛みがありません。どうやら単純な曲げ伸ばしの方向ではなく、足首の関節面のスライド方向(水平面方向)に制限が出ているようでした。
そこで制限の方向(緊張の方向)を探るために、足首を前面から後面に向けてつま先の角度も変えながら押さえます。抵抗(緊張)が出てくる方向が見つかったので、それ以上抵抗が強くならない軌道へと向きを変えていきます。これをしばらく続けると、足首の感じが最初とは変わってきたので、そろそろ良いかなと言うところで痛みを確かめてみました。先ほど痛みが出た動きをやってもらいましたが、痛みは出なくなり大丈夫なようです。その他の動きも一通りチェックしてどの動きでも痛みが出ないことを確認しました。最後に立って歩いてもらっても特に問題はないようなので、一通りのチェックを終わり問題なしと判断しました。

ほんのちょっとの変な足首の使い方。これが今回の痛みを起こした原因です。そんなことで痛みが続くのかと思うかもしれませんが、私からすれば人の身体が壊れずに動くことの方が不思議です。でも実際はかなり激しい動きや負荷にも耐えることが出来ます。それは体の素材や構造が頑丈だからではありません。壊れないようにかなり高度なコントロールがされているからです。このコントロールがなければ簡単に壊れると思います。この方の足首も、その時何かの理由でコントロールを失い、ほんの些細なねじれ負荷が加わっただけで壊れてしまったのでしょう。このコントロールとはバランス感覚、バランス力と言い換えることもできます。

今回の症例は、単純に足首に外力が加わって足首だけに異常があった場合ですが、足首以外の異常で足首が痛む場合もあります。その場合は、必ず腰椎、股関節、つまり骨盤周辺も見なければいけません。大体の場合、足首や膝だけが何の理由もなく勝手に悪くなることはあまりないように思います。足首・膝関節を直接痛めたなどの理由がなければ、大体は腰周りの問題が影響していることが多いようです。そんなときは遠回りになるような気がしますが、足首や膝は放っておいて腰周りから見ていくのが結果的には早期解決につながります。

2016年7月(2021.01更新)