トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

左腰も悪かった右腰の痛み

痛みが出ている場所だけに問題があるわけではなく、全然痛みなど出ていない所にも悪いところが潜んでいる場合はよくあります。今回の話は腰痛の場合のそんな話です。

40代男性の方ですが、一ヶ月前から右の腰痛が出ているそうです。腰痛以前からも軽い腰痛はあったそうですが、今回のように一ヶ月も長引くことは無かったそうです。
まずどのような動きで痛みが出やすいか(動作痛)のチェックをしました。
立った姿勢で(立位)で基本動作(前屈、後屈、左右回旋、左右側屈)をしてもらい、痛みや違和感、左右の感覚差などないかチェックしてもらいました。すると、前屈動作と右回旋動作で右の腰に痛みが出安いようです。痛む場所は右腰の付け根(腰椎4番あたり)です。その他の動作でも右の腰を思い切り伸ばす格好になると右腰に少し突っ張り感が出るようですが、痛いほどではないようです。

今度は正座をしてもらい、背中を後ろから観察しました。すると腰椎が右に凸の弯曲を少し描いているのが見えました。腰椎を触診しながら上半身を左右に側屈してもらうと、左への側屈はスムーズに曲がるのですが、右へ側屈すると腰椎がスムーズに曲がりません。歪みの出ている湾曲方向とは反対側への動きなのでスムーズに動かないのです。細かく見ると腰椎1~4番までが1つのセットになってカーブを描いているので、問題はその下の腰椎5番にありそうです。
そこで右側臥位にして、クッションなどを使ってなるべく体に力が入らないように寝てもらい、腰椎5番に右からコンタクトし左前方へ向かって軽くおさえました。手を当てる方向を抵抗にピッタリ合わせ支えるようにして、抵抗がゆるんでくる方向へ向きを変えていきます。次第に腰椎5番の抵抗感が消えポニョポニョしてきたら止めます。そのまま腸骨を少し揺らしながら腰椎の動きをチェック。ゆれに追従してスムーズに動いているようなので、痛みをチェックしてもらいました。ゆっくり立って痛みがあった前屈と右回旋をしてもらうと、右回旋の痛みは消えました。前屈の痛みはまだ半分ほどありました。

今度は仙腸関節をみていきます。仙腸関節とは骨盤の関節で、仙骨の左右にあります。
仰向けで両膝を立てて寝てもらいました。ゆっくり片足ずつ胸のほうへ上げてその抵抗感を見ます。左脚に比べると右脚に若干股関節90度屈曲位置から抵抗が増えます。と言うわけなので、右仙腸関節の操作をすることにしました。
今度は左側臥位で寝てもらいました。右手で右坐骨、左手で右腸骨稜にコンタクトし、反時計周りに少しだけ回転させます。これもすぐ抵抗が出るので、抵抗が強くならない軌道を描くよう操作します。その際腰椎5番右側を触診しておくと、上手くいってると反応が現れます。食いしばってた顎が緩むような感じの反応です。良い反応が出てきたので、立って痛みを再チェックしました。すると前屈での右の痛みも消えていました。
これで解決と思っていたら、右は痛くなくなったが左の腰に痛みを感じるそうです。えっ?なんで?と思う必要はありません。よくあることです。もともと両方の腰に悪いところがあっても、本人の感じる(症状として現れる)のはどちらかより悪い方の痛みだけと言うのは良くあることです。一番痛いところだけが強調されて感じるようです。なので1番だった右の痛みが消えると2番の痛みが顔を出してきます。
この方の左の腰の痛む場所は、腰椎2番の位置にありました。しかし腰椎の左には問題は見つからなかったので、左仙腸関節をチェックしてみました。やはりそこに緊張が出ていたので、左仙腸関節の操作も行いました。施術方法は右の場合と同じです。
これで立ってもらうと、やっと前屈の痛みが右も左も全て消えました。座ってから立つ動作も、動きはじめがつらかったのですが、すごく楽になったそうです。まだ保護のために働いていた周囲の筋肉が十分回復していないので、2~3日は激しい運動やストレッチをしないように指導して終了にしました。

この症例は腰椎5番右に問題はあったのですが、左右の仙腸関節にも問題があった例です。異常箇所は一箇所とは限らず、程度の差はあれ複数内在していることが多くあります。焦らず一個ずつ丁寧に直していくことが解決の早道と思っています。

2018年7月加筆修正(2021.01更新)