トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

腰痛と思ったら肋骨のヒビ

肋骨は意外と気がつかぬまにヒビが入っていることがあります。肋骨図くしゃみや咳、些細な動作でもヒビが入るのですが、小さいヒビならそのまま放っておけば治るので心配はいりません。しかし施術をする側としては注意して見なければいけません。

今回のかたは、以前から子供の抱っこで左腰が痛く、それが昨日からひどくなりご主人の紹介で来院されました。

痛みは左腰の上部やや外よりです。腰を左右にねじると痛みが強くなります。腰を丸めても痛く、逆に反らしていたほうが楽だそうです。この段階で「ちょっとおかしいなあ?」という予感はありました。痛みがかなりはっきりしていることと、それと通常は左右どちらに回旋させても同じように痛みが増すと言う事はあまりありません。痛みかたに差がでるのが普通です。ただし絶対ではないので、まずは悪くなっている部分を見ていくことにしました。

痛みが出ている部分は腰と言ってもかなり上の方で、もう胸椎や肋骨のエリアです。そこで下部胸椎周辺の緊張がないかチェックしていくと、胸椎9番~11番にいくつか緊張が見つかりました。それを緩めてみたのですが、操作後も痛みに全く全然変化がありません。起き上がり動作もとても辛いようです。
胸椎の緊張は関係なかったのかな?と思い、肋骨と胸椎の間や腰椎周辺もチェックしましたが、問題を起こしそうな緊張を見つけることが出来ませんでした。ただ、色々チェックしていく中で、なんだかちょっとおかしい感じもします。胸椎9~11番は上手く緩んでいるはずだし、それ以外に緊張は見つかりません。なのにここまで痛みが変化しないのはなぜか?そこで打診器で胸椎を軽く叩いて見ました。すると左腰上部へ痛みが響きます。

施術の結果と打診器による痛みの響き具合から総合判断して、「損傷」つまり骨折による痛みが出ていると判断しました。この場合肋骨11番あるいは10番か9番の骨折(ヒビ)の可能性が濃厚です。ご本人に骨折の可能性を話し、整形外科でレントゲンを撮って確認する事をお勧めしたところ、やはり肋骨のヒビだった事がわかったそうです。思いつく骨折の原因も無いようなので疲労骨折なのかも知れません。

こういったことはまれにあるのですが、骨折などの外傷に気がつかず深追いして施術を進めてしまうと損傷をひどくしてしまう恐れがあるので本当に注意しなければいけません。
外傷自体を治すことは出来ませんし施術の適応外です。外傷(ケガ、内出血)で痛みが出るのは当然の現象で、それは治癒するための反応でもあります。治癒反応によって痛みが増しているので、傷口を開かないように気を付けておとなしく治るのを待たなければいけません。ちなみに骨折の疑い濃厚と判断したので、施術料は半分だけ頂きました。施術適応外ですので。

2016年6月(2021.01更新)