トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

対角の肩こりと肘の痛み

体の対角線上に緊張が起こってお互いに影響し合うことがあります。例えば右肩と左腰とか左腰と右ひざとか。これは体のバランスを取るうえで時間と共に起こる現象だと思います。今回の話もこういった話で、数ヶ月前から左肘の痛み治らなくなったのですが、それよりずっと前から右肩にも問題がありました。肘の痛み

この方の症状は左ひじの痛みです。カバンを左手でずっと持っていると左ひじに痛みが出始め、その痛みは次第に激痛になってくるそうです。この症状が数か月前から続いていて、原因に思い当たる所は無いとおっしゃいます。他に症状は無いのか聞くと、右肩にも痛みがあるそうです。七年前に右肩を痛めた事があり、その頃から首を少し上に向けると右肩にかけて痛みが走るようになりました。そのせいで、寝るときは高めの枕をしないと寝れなくなり、肩こりもその頃からひどくなったそうです。

さて、右肩と左ひじ。対角線上の位置関係です。右肩の方が7年前からなのでかなり古い状態です。当時痛めた影響が残ったまま現在まで慢性化しているのだと思います。姿勢を見ると、まっすぐ立っても体(首)をやや左へ傾けています。歪んでいますね。右肩の痛みから逃げる姿勢を無意識に取っているようです。
最初施術は経過年数の少ない左肘から行いました。肘は痛みがひどく出た時の痛みレベルがかなり高いようなので、肘周辺に痛みを出すメインの緊張が隠れていると思ったからです。
肘の痛みは肘関節の後面(肘頭)にあり、この部分へ向けて外向きに押し出す方向の緊張力が働いています。これでは肘関節が不安定なので、肘関節の動きを使って緊張をゆるめ安定させます。
ところが、施術直後は痛みが綺麗に無くなるのですが、数分するとまた肘に痛みが出てきます。もう一度緩めてみても同じです。何か別の部位が悪影響しているようです。
そこで、右肩の緊張の影響があるのではないかと考え始めました。
右肩の緊張(痛み)からの影響で首が左へ傾いています。この事による姿勢変化が左ひじを上手く使えなくしてい痛みを出しているのかも知れません。そこで右肩周辺を見てみると、右の首筋の筋肉(斜角筋)に強い緊張があります。他にもいくつか緊張がありましが、それらを頸椎と肩関節の動きを利用して緩めると、首は痛みなく真上に向けれるようになりました。するとそれに伴って左肘の激痛も出なくなりました。

体は姿勢を維持(バランスを取る)為に右半身左半身の各部分を交差するように使って無理やりバランスを保とうとするときがあります。その為、意外と思われる場所同士が影響し合う事はわりと有ることなのですが、もっと複雑に絡み合っている場合もあるので、実際は見極めが難しいですね。今回は反対側の腕が悪影響を及ぼしていたわりと分かりやすい例でした。

(2018年7月加筆修正)2021.01更新