トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

寝返り時の腰の痛み

ある特定の動作の時だけ痛みが出るパターンもあります。今回の話は、日常生活の動作では痛みはないのに、寝返りを打つときにだけ腰に痛みが出る人の話です。

50代男性です。腰痛痛む場所は腰の外よりのところ。最近立ち仕事が続いたせいで腰に来たそうです。
痛む動作をやってもらうと、仰向けに寝た姿勢から上半身を右に向ける動作でした。右に寝返りを打つ感じです。そこからさらに腰のねじりを強くすると痛みが増します。どうも左腰が後方に残ったままで上手く前方へ入って行かないように見えます。
痛みが出やすい方向がわかったので、痛みが出ないぎりぎりの位置で固定し、極めて小さい幅で揺れが連続するようにゆらします。しばらく揺らしながら緊張が緩む方向を探っていると、次第に左腰部にあった緊張がゆるみはじめます。
次に両脚を伸ばしてもらって、左右の伸びやすさに違いがないかチェックしてもらいました。すると右脚が伸びにくく感じるようです。伸びにくい側の脚を少し伸ばし気味にして、緊張と釣り合う位置まで来たら先ほど同様にゆるむまで揺らします。
脚からの緊張感に左右差を感じなくなったので、寝返り時の痛みを再チェックすると、もう腰の痛みは出なくなりました。念のため他の方向へもねじったり伸ばしたりと色々やってもらいましたが、どの動きでも痛みが出ないことが確認できましたので終了としました。

この方の場合、左の腰に緊張が留まって悪くなっていたのですが、おそらくその影響でしょうが、右の腰から脚にも緊張が発生し伸び難さが出ていました。その為左右の脚の緊張度合いが変わり、腰が傾いた状態になっていたようです。左右の緊張のロックをそれぞれ解除していき、腰の緊張差が無くなったので腰が安定しました。腰が中心の偏りが無い安定した状態であれば、左右どの方向にねじっても痛みが出ることはありません。

さて、この腰をひねる動きについて一つ書いておこうと思います。この方の横になってねじる動きを見ていると、腰の部分で雑巾を絞るような動きをしています。どういう動きかと言うと、上半身は右へねじっているのに、下半身は逆の左へねじっている感じです。実際には下半身の方は固定していると言うほうが正しいかもしれませんが、やってる動きは雑巾絞ってる動きと全く同じです。
この動きはちょっとお勧めできないですね。腰をねじ切るような動きですから。この方の腰の痛みが日常の動作で出なかったのは、この腰をねじ切るような動きを日常の動作ではやっていないからでしょう。やる必要もないですしね。
本来の自然な動きは、寝て上半身を右にねじるときは、それと同時に少しずつ下半身も連動して右方向へねじれていく動きです。動く幅は各部違いますが、全身が同じ方向へ動いていくのが自然です。だからそのままこの動きを延長していくと、うつ伏せになっちゃうんですね。腰がねじ切れる動きをしてたら何時までもうつ伏せになれないですから。意外とストレッチでこのねじ切り系の動きをやっちゃってる人が多いので、自己流のストレッチはあまり進めていません。

(2018年8月加筆修正)2021.01更新