整体よもやま話

腰仙部の腫れと痛み

今回の話は、3ヶ月前から腰の付け根(腰椎と仙骨の間)が腫れて、痛みが治らないと言うかたです。
たまに左足にも痛みが響くそうです。
すでに整形外科でレントゲンを、内科で血液検査をしています。
検査結果はどれも異常なし。
病院では鎮痛剤とシップを処方されましたが、痛みは治っていません。

腰仙

痛む場所を見て行きます。
痛むのは、腰仙部の周辺。
腰仙部と言うのは、腰椎と仙骨の間の場所です(図赤丸部分)。
立位で腰を反らすと、腰仙部の右側に「チリッ」とした痛みが出ます。
痛む場所は、日によって少し移動するらしく、真ん中が痛む時もあれば、左が痛む時もあります。
患部周辺を見ると、仙骨の辺りが少し腫れています。
また、腰椎の3番、4番の両脇が非常に硬くなっていて、ここを押さえると痛みがあります。
仰向けで、骨盤の内側(腸骨筋)を押さえると、左右とも痛みます。
見た目では、骨盤の左が上がっています。
冷え症も昔からあるそうです。
そこも考慮に入れて、施術は足指の緊張をゆるめ、下半身の循環を良くする事から始めます。
足の指を一本ずつ摘まんで、揺れが上半身へと伝わるように、指を支えて揺らします。
足指10本がそれぞれ緩んで来ました。
次は、腰仙部の緊張を緩める施術に移ります。
腰仙部の緊張は、股関節の動きを使い緩めます。
腰仙部周辺の圧痛部や膨張部を調べ、緊張が保持されている部分を探ります。
事前チェックで圧痛のあった腰椎3番、4番や、腫れている部分が主な緊張ポイントです。
その緊張が消えるように股関節から動きを伝えます。
仰向けで両膝を立ててもらい、両膝をそろえて左右に倒す動きで仙骨を緩めます。
次に片方の脚を両手で抱えて、支えるようにホールドします。
股関節に掛かっている緊張で、股関節のバランスが傾いています。
傾きが消えるように支え直して、ゆるむまで保持します。
次第に緩んできたので、腰椎にあった圧痛を調べ、痛みが2割程度まで減少している事を確認。
骨盤の左が上がっていたのも解消していました。
腫れはまだ残っているので、しばらく様子を見てもらう事にします。
それから3日後。
仙骨部の腫れも引き、痛みも無くなったと連絡を受けました。
その後は、趣味のテニスをやっても再発は無かったそうです。

症状が3か月と長かったので、日数が掛かるかと思っていたのですが、上手く解決しました。
今回の症状の切っ掛けを知りたくて、ご本人に細かく聞いたのですが、結局、切っ掛けらしきアクシデントは思い当たらないそうです。
一体何がきっかけでこんな事になったのでしょう・・

(2017年掲載)2021.09更正