トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

腰仙部の腫れと痛み

今回の話は、3ヶ月前から腰の一部が腫れて、痛みが治らないと言うかたです。たまに左足にも痛みが響くそうです。すでに腰仙整形でレントゲン、内科で血液検査もしたそうです。検査結果はどれも異常なし。鎮痛剤とシップを処方されたそうですが、痛みは現状の通り治っていません。

痛む場所は腰仙部の周辺。腰仙部と言うのは、腰椎と仙骨の間の場所です(図赤丸部分)。立って腰を反らすと、腰仙部の右側に「チリッ」とした痛みがあるそうです。痛む場所は日によって少し変わるらしく、真ん中が痛む時もあれば、左の時もあるようです。

患部を見ると、仙骨のあたりが少し腫れています。また腰椎の3、4番の両脇が非常に硬くなっていて、ここを押さえると痛みがあります。仰向けで骨盤の内側(腸骨筋)を押さえると、これも左右とも痛みます。見た目では骨盤が左へ上がっているようです。
冷え症も昔からあるそうです。そこも考慮に入れて、施術は足指の緊張をゆるめて下半身の循環を良くする事から始めました。
足指10本がそれぞれ緩んで来たので、次に腰仙部の緊張を緩める施術に移ります。腰仙部の緊張は股関節の動きを使い緩めました。腰仙部周辺の圧痛部や膨張部を調べ、緊張が保持されている部分を割り出します。事前チェックで圧痛のあった腰椎3,4番の両サイドや、腫れている部分が主な緊張ポイントでした。
その緊張が消えるように股関節から動きを伝えます。しばらくして緩んできたので、腰椎にあった圧痛を調べると痛みは2割程度まで減少していました。また、骨盤の左上がりも解消していました。
施術後も腫れはまだ残っているので、しばらく様子を見てもらったのですが、それから3日後には仙骨部の腫れも引き、痛みも無くなったそうです。
その後趣味のテニスをやってみたそうですが、再発は無かったそうです。

症状が3か月と長かったのでもう少し日数がかかるかと思っていたのですが、意外と早く解決しました。今回の症状の切っ掛けを知りたくて、ご本人に細かく聞いたのですが、結局切っ掛けらしきアクシデントは思い当たらないそうで、一体何がきっかけでこんな事になったのでしょう・・

(2018年8月加筆修正)2021.01更新