トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

膝が痛くて横座り

女性で膝に問題がある人は多いですね。正座膝の曲げ伸ばしで痛みが出る人や、歩くには問題ないが正座をすると痛む人など様々です。今回の話も典型的な膝の痛みで正座が出来なくなった方の話です。

60代女性の人で、左ひざが痛くて正座が出来ません。それと左半身にコリや疲れを強く感じているそうです。
試しに正座をしてもらうと、膝の痛みで上手くできず、両足を右横に出す横座りになってしまいます。うつぶせで背中の様子を見ると、左半身に疲労を感じるとおっしゃる通り、確かに左半身の筋肉が盛り上がって緊張しています。

次に足の指を見てみました。両足ともにコリコリした凝りがたくさん出来ています。特に左足の中指と薬指に押さえると顕著な痛みがあります。全身の緊張度が高い(交感神経過剰)感じの状態だったので、緊張を下げるためにも足の指を一本ずつゆらして緊張を緩めます。特に痛みのあった左中指と薬指は入念に緩めました。しばらく揺らしていると緩んできました。揺らすととても気持ちが良いそうです。

これで体全体の緊張度合いがいくらか落ちてきたので、ここからは痛みの出ている膝の施術を行いました。
左ひざを左右にゆっくりねじって、楽に動く方向を探ります。最も抵抗なく楽に動く方向を見つけたら、その方向から元の位置へ膝関節を戻す動きをわずかに行います。この時膝関節から出ている緊張とバランスが取れるので、バランスが取れたら緩む方向を見つけゆるむまで待ちます。次第に緩んで、膝関節が最初の位置(ニュートラルな位置)に抵抗なく戻ってきたので、正座で痛みがどうなっているかを確認してもらいました。すると「あらっ!正座出来そうよ」と言うので正座してもらうと、正座することが出来ました。
左背中に膨張が出ていましたが、膝を治すと自然と膨張が収まったことから、膝をかばっての左半身の緊張だったようです。

この方はひざが固まっておらず、周辺の筋肉もまだ伸びる事が出来る状態だったので、わりとスムーズに直ったほうです。この方と一緒に来られた友人の方も正座がしにくいのですが、痛みのためずっと正座をしない生活を送って来ました。その為に、膝周辺の筋肉が固まって伸びなくなっています。こうなると、筋肉の緊張はいったん緩むのですが、固まった(癒着した)組織部分が取れないとまた筋肉に緊張が戻ってきます。癒着を丁寧に取りながら、筋肉の緊張を何度も緩めると次第に可動域も正常になってきます。

(2016年7月更新)2021.01更新