トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

首スジのコリが目まいのサイン

目まいと言っても原因は様々です。平衡感覚をつかさどる三半規管の異常でも起きますし、低血圧(循環器系の異常)や薬の副作用によっても起こります。また重篤なものでは脳の病気ですね。原因は色々あるのですが、この方の場合は首筋のコリが溜まってくると目まいや頭痛が発生します。めまいのサイン

目まいは十数年前からわりと頻繁に起こるようになり、病院の検査では異常は見つからず、目まいが起きた時は治まるまで薬を飲んで対処していたそうです。あまり薬ばかりに頼りたくないと考えて来院されました。

文章を作ることが頻繁にある仕事をしているので、かなり長時間パソコンで作業をします。その影響でしょうか、首筋に出来たコリが回復しなくなって来ると目まいや頭痛になることがわかりました。首筋のコリは時には右側だったり、時には左側だったりと決まっていません。コリの中の緊張の方向を触診した感じだと、首から肩甲骨に繋がっている肩甲挙筋や首から肋骨に繋がっている斜角筋の後部が緊張が取れなくなる部分のようです。

この部分の緊張を集心法で取ると、首スジ全体も柔らかくなり、目まいや頭痛も解消してきます。症状が出そうかなと言う気配が出る時に施術すると、目まいの予防にもなっているようです。目まいの頻度は以前に比べて3分の1ぐらいにまで減ったので、年に数回の来院で予防・改善が保てています。残念なのは、完全な解消にまでは至っていない事です。仕事が相当忙しくなってくると次第にコリが溜まってくるようなので、仕事中の姿勢(体の使い方)などを変える事も再発防止には必要だと話しています。
また神経を使う仕事のようなので、精神的な緊張が増したときに顎や首肩に力みが強く出すぎないように気を付けることも必要です。今のところそこまでの指導・改善が出来てい無いのが歯がゆいですね。

精神的な緊張時にこの方のように肩甲挙筋や斜角筋が強く緊張して首を強く固定し始めることは、どなたでも結構ある事です。ただ、この緊張の度が過ぎると緊張にロックがかかり安くなり緩まなくなります。精神的緊張で体に起きる緊張反応がなぜ良くないのかと言うと、ストレスを受けた時体はストレスから逃げようと無意識に逃避反応を起こします。その際本能で後ろへ体を引こうとします。その場から逃げようとしているわけです。ところが逃げるわけにはいかない状況なので、その場に留まるには力を入れなければいけません。ここで体を前に出そうとする力が働きます。後ろに下がろうとしながら前に出ようとする力でその場に留まっている。本来その場に留まるだけならこのような力は全然要らないのに。これはまるで「強くアクセルを踏みながら強くブレーキを踏んでいる」のと同じですね。この力の入れ方が体に非常に良くない。短時間短期間であればまだしも長時間長期間に及び緊張にロックがかかると、緊張が解けなくなり痛みや症状を出し始める事もあります。
一番簡単な解決策は逃げる事。仕事放棄ではありません。もともと後ろに体が逃げようとしているので、前に出る力を抜いて後ろに下がってしまえば良いのです。パソコン仕事であれば、上半身が起き上がると思います。その瞬間たったそれだけの動作で力みはスッと消えますから。つまり少し休憩するってことです。一番簡単です。

2018/12/13作成(2021.01更正)