トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

演奏家の背中のコリと頭痛

大きな管楽器を演奏される演奏家の女性です。演奏家の背中の痛み普段の演奏の練習では、長時間楽器を構えた不自然な姿勢で椅子に座り続けています。
一番の悩みは肩と背中が常に凝りと張りで痛いのと、その痛みが強くなると頭痛が起こる事。それと腰痛。これは無理な姿勢で座り続けているのが原因だろうとおっしゃっていますが、数年前に足首をひどく痛めてからひどくなった気がするそうです。

足首は今は痛みなどの特別な問題は無いそうですが、調べてみると外返し(外反)方向に動きが悪くなっています。
足首の状態は全身のバランスを考えるうえで重要なポイントです。腰への影響や背中の張り、肩こりへも影響を与えているかもしれません。そこでまず足首の動きの自由度を増やすことからはじめました。

足首は関節の内側に緊張が出ていました。緊張の方向から前脛骨筋辺りでしょうか。緊張が緩む方向に合わせていると次第に緩んできました。年数が経っていた割には緊張はすぐに緩み、足首関節の動きは正常に戻りました。

腰は左右の筋肉が伸びづらくなっていました。特に片側の伸びが悪くなっていて重心の移動にも偏りが出ていました。これでは椅子に座った時に左右の片寄りがかなり出ていると思われます。腰の緊張は縦向きでその方向と位置から腰方形筋あたりでしょうか。伸びが左右均等になるように伸びない側の緊張を解除してゆるむまで待つと、腰の伸びが左右均等になりました。その後、演奏で長時間椅子に座って楽器を演奏していても苦痛ではなくなったそうです。さらに背中や肩のコリも和らいでいるそうです。それでもまだ肩甲骨の内側にはコリを感じるそうので、今度は背中の施術を行いました。

コリは右背中に強く、ちょうど胸椎3番の右側に緊張で引っかかっている筋肉があるようでした。右の肩の上(僧帽筋)は疲労で膨張気味。背中の緊張の方向から起立筋が緊張を出しているようなので、この緊張を解除してしばらく待つと、起立筋と肩の緊張も合わせてゆるみました。大体これで良さそうかなという印象になったので、しばらく様子を見てもらうことに。その後は腰も背中も良い調子だそうで、演奏の練習も楽にできるようになったと喜んでくれました。良かったです。

怪我が治ったように見えていても、実は悪影響が残っている場合があります。それら体の中の消えない緊張は、体全体の大きな動きにも影響します。それは体の動きで最も重要な重心の移動やコントロールに片寄り影響を与えてしまうからです。動きは狭くなり、滑らかな楽な動作が出来にくくなります。痛みが無くても知らないうちにこんな状態に向かっているかも知れません。特に仕事や趣味などで体の使い方に偏りが出やすい方は、怪我からの悪影響が連鎖しやすいので気を付けてください。適度な運動と十分な休養で体を健康に保って、それとなるべく怪我はしないよう気を付けるのが一番ですね。

2018/12/10作成(2021.01更新)