整体よもやま話

演奏家の背中のコリと頭痛

演奏家の背中の痛み

大きな管楽器を演奏される演奏家の女性。
普段、演奏の練習では、長時間楽器を構えた不自然な姿勢で椅子に座り続けているそうです。
一番の悩みは、肩と背中が常に凝りと張りで痛むのと、肩背中の痛みが強くなると、頭痛が出る事です。
あとは腰痛。
腰痛は、無理な姿勢で座り続けているのが原因だろうとおっしゃっいます。
数年前、足首をひどく痛めてからひどくなったような気がするそうです。

足首は、今は特別な問題は無いそうです。
念のため調べてみると、足首の外返し(外反)方向の動きが悪くなっています。
足首の状態は、全身のバランスを考えるうえで重要です。
足首から腰へ、背中へ、肩こりへも影響を与えているかもしれません。
そこでまず、足首の動きの自由度を増やすことにしました。

足首を見ると、関節の内側に緊張が出ています。
緊張の方向からすると、前脛骨筋辺りでしょうか?
足首を持って、緊張が緩む方向にバランスを合わせてしばらく待つと、次第に足首の緊張が緩んで来ました。
足首を痛めたのが数年前。ちょっと年数が経っていたのですが、その割には緊張がすぐに緩み始め、足首の動きに抵抗はなくなりました。

足首はこれで良さそうなので、次に腰を見る事にします。
腰を触診と動作テストで調べると、左右の筋肉どちらも、全体が伸び辛くなっています。
特に、片側の伸びが悪くなっていて、このせいで重心の移動(バランス)にも偏りが出ています。
これでは、椅子に座った時にも、腰(骨盤)出のバランスが悪くなって、左右の片寄りがかなり出てしまうでしょう。
ここが今回の症状の大きな原因と考えられます。
腰の緊張は縦向きで、その方向と位置から考えると、筋肉は腰方形筋でしょう。
伸びない側の骨盤(腸骨)を使って、腰方形筋の緊張が緩む方向にバランスを取ります。
緊張が解除してゆるむまでの間、しばらく待ちます。
しばらくすると、腰の伸びが左右均等になってきたので、施術は終了。

その後の様子は、演奏で長時間椅子に座って楽器を演奏していても、さほど苦痛ではなくなったそうです。
背中や肩のコリも和らいでいるそうです。
施術ポイントに間違いはなかったようです。
強いて言うと、肩甲骨の内側に、まだコリを感じるそうので、今度は背中の施術を行うことにしました。
コリは右背中に強く感じるそうです。
調べると、ちょうど胸椎3番の右側に、緊張が取れなくなった筋肉があります。
それと、右の肩の上(僧帽筋)が疲労で膨張気味です。
背中のコリは、緊張の方向から考えると、筋肉は起立筋のようです。
起立筋の緊張が解除されるよう、施術を施してしばらく待つと、起立筋だけでなく肩の緊張も合わせてゆるみました。
その後は腰も背中も良い調子だそうで、演奏の練習も楽にできるようになったと喜んでくれました。
ホッと一安心。よかったです。

怪我は、治ったように見えても、実は治りきらずに悪影響を及ぼしている場合があります。
このような体の中の消えない緊張は、体全体の動きにも影響します。
特に、体の動きで最も重要な重心の移動(バランスのコントロール)に影響を与えてしまいます。
すると、動きは狭くなり、滑らかで楽な動作が出来にくくなってしまいます。
今、痛みが無くても、知らないうちにそんな悪い状態に向かっているかも知れません。
特に、体の使い方に偏りが出やすい仕事や趣味をしている方は、悪影響が連鎖しやすいので気を付けてください。
適度な運動と十分な休養で体を健康に保つ事と、あとはなるべく怪我をしないよう気を付けることが一番です。

2018/12/10作成(2021.09更新)