整体よもやま話

内ももが原因で膝に痛み

膝の痛み

今回の話は、特にはっきりした原因もなく、最近膝が痛むと言う話です。
「歩き過ぎたのかなあ?」とおっしゃいます。
筋肉痛なんかでも、膝に痛みを感じる事もあるのですが、それにしては、ちょっと痛みが長く続いているようです。
歩く時は、痛みは無いそうですが、少し膝周りに違和感はあるそうです。
正座をすると痛みははっきり出て、モモが張って、膝の皿の上から外側に向かって痛みを感じます。
この痛みは、日によって変わるようで、膝裏が痛かったり皿の下がい痛かったりと、曲げ方・座り方の微妙な違いで変わるようです。
そこで、椅子に座って脚を組む要領で股関節を外へ開いてもらうと、はっきりとモモの内側に張りと違和感が出ました。
この内またの張りと違和感には、気が付いていなかったそうです。
この張りを感じている筋肉は、内転筋群です。
この筋群は、単純には脚を内側へ寄せる働きをします。
この内転筋群の一つに、不自然に緊張している部分があります。
膝の内側には、モモの裏のハムストリングスと言う筋もあります。
この筋肉も張っていますが、緊張が取れなくなっているという状態は作られていません。
なので、目標を内転筋に絞って、施術を行う事にします。
仰向けでモモを両手で抱え、内転筋の緊張が緩む方向を、モモ(股関節)からの動きで探します。
しばらく待つと、内転筋がゆるみはじめ、それと同時にハムストリングスも一緒に緩みました。
やはり、ハムストリングスの張りは、内転筋からの悪影響だったようです。
おおよそ緊張が緩んだので、もう一度張りと痛みが出るか試したところ、もう痛みも張りもありませんでした。

内転筋の異常は、普段気が付きにくいようです。
内転筋に緊張があっても、歩き方は変になるものの、普通に歩けてしまうので、本人も気づかないまま、膝に無理を続けてしまっている事があるのでしょう。
膝に痛みが出た時には、膝が曲がって変形が始まっている、と言うこともあり得るので、気を付けなければいけません。
骨の変形は、滅多なことでは元に戻りませんから、そうならないように気を付けるしかありません。
但し、骨が変形=痛み、とは限りませんが。

2018/12/7作成(2021.09更正)