トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

首を反らさなきゃつらくて眠れない

体に痛みや緊張・違和感程度でもあると、快適な睡眠を邪魔してしまいます。寝苦しかったり、特定の体勢で固まったように眠ってたり、朝起きると逆に体が疲れていたり。人生の内の三分の一は睡眠の時間です。身体を回復させ又成長させる時間でもあります。
さて今回の話は、中学生の頃から慢性的に肩こりがひどい中年のかたの話。来院された理由は、首の痛みと枕三日前から首の両側が痛くなり、急に首を動かした時や寝起きに特に強張って痛むそうです。

特に変わったことをしたわけでもなく、原因が分からない痛みで、寝るときに普通の枕の当て方では首がつらいので、枕を首に当てるようにして首が少し反るようにしないと寝れないそうです。

この方の普段感じる肩こりは、首よりも下のどちらかと言うと背中、肩甲骨周りにコリを感じるそうです。肩こりがひどい時は首の付け根(頸椎7番)右側に「ピリッ」と した痛む場所が出来て、そこを押すと痛むそうです。そこで首から背中周りの緊張の様子をチェックして行きました。
背骨の左右の違いを見て行くと、複数の緊張ポイントがあって、それらは左右に規則性があまりない状態で発生していました。その中でも「肩甲骨の間の胸椎3番」が右方向へ飛び出した状態が目に留まりましす。胸椎の棘突起と言う真ん中の出っ張った骨が右のほうへ引っ張られて固定されている状態です。先ずは最も目立つ緊張(歪み)から緩めるのがセオリーなので、胸椎3番から始めました。
胸椎3番を右へ引っ張っている筋肉の緊張を緩め、それがある程度緩んできたらその周辺の他の緊張も随時緩めていきました。
胸椎の棘突起を引っ張っていた筋肉ですが、背骨を支える多裂筋群だったのか、肩甲骨と繋がっている菱形筋だったのか、正直その辺は判断出来ませんが、肩の前側もやや閉じた状態になっていたので、菱形筋だった可能性が高いように思います。とにかく緊張が出ている方向を確かめ、集心法で緩む方向を見つけしばらく待つと次第に緩んできます。すると胸椎の位置が緊張から解放されて中央へ戻って来ました。
施術後は首がいくらか楽になったようですが、一回では完全とはいきませんでした。その後もう一度同じ方針で施術を行うと、枕も普通に出来るようになり、首の痛みや慢性肩コリもついでに解消しました。

快適な睡眠を邪魔していた緊張や痛みが無くなれば、睡眠中の回復度合いが増します。日中少々無理を体に強いても、夜眠っているうちに回復できるサイクルが保たれることが健康を維持して行くって事ですから。
ちょっと余談ですが、触診していて感じるのは、緊張している筋肉の中に感じる引っかかりのような感覚です。いつも不思議に思うのですが、どうしてこの引っかかりが自然に取れず残ってしまうのだろうかと言うことです。筋肉繊維も細胞ですし代謝して入れ替わっているはずなのに、まるで記憶されているかのように引っかかりが消えることなく何年も残る。色々な運動や動きの中で自然に消える事もきっと多いのだろうと思うのですが、反面残り続けるものもある。本当に不思議です。

2018/12/4作成(2021.01更新)