トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

寝起きに太モモがシビレる

寝起きに何某かの症状が強く出やすいのは割と多くある現象です。今回の話は、太ももの裏からひどいときには足首あたりまで痺れたようなツッパリ感が出る方の話を書きます。脚の突っ張り

シビレの出かたは、日によって時間によって波があるそうです。キツイときには鍼灸でハリを打ってもらったりしたようですが、残念ながら変化はあまりなく現在に至っているそうです。特に症状が出やすいのが寝起の時で、かなりひどくシビレるようです。しかし日中はあまり症状による悪影響は出ていません。

先ずは検査からですが、検査でも前屈や側屈といった動作をやってもらいましたが、特に何も症状は出ません。ただ、仰向けに寝て折り曲げた膝をシビレる側のモモとお尻が伸びるように横に倒すと、伸びにくいツッパリ感はあるようです。
シビレの再現が見られたのは、腹筋運動のように上半身を起こす動作テストで、それをするとモモ・臀部に架けてしびれ感が広がりました。

シビレやツッパリ感を出す原因は様々ですが、多くの場合どこかに不自然に緊張を保ち続けている筋肉が隠れています。この緊張を緩め、自然な緊張状態に戻すことが出来れば、症状の改善・消失につながります。

今回の場合、検査ではモモだけではなく臀部にも症状があり、逆に腰部には何も感じませんでした。そこから考察すると、モモのシビレは臀部からの放散痛(少し離れた場所に痛みを出す)と考えるの妥当だと判断しました。そこで、まずは臀部中心の施術を行いました。
臀部には小殿筋や中殿筋、梨状筋といった緊張がロックしやすい(悪くなりやすい)筋群が多くあります。その中の小殿筋にロックした緊張が見つかりました。そのロックを解除してもう一度検査をすると、太もものしびれはいくらかましになりました。しかし、まだすっきりとは治りません。
そこで、最初は除外していた腰部を調べる事にしました。すると、腰椎の4番と5番の間にわずかに緊張が出ていました。非常に狭い範囲の水平方向の緊張で、疑って検査をしないとなかなか見つけることが出来なかったと思います。この緊張を解除すると、やっと太もものシビレはすっかりなくなりました。

2018.11月作成(2021.1更新)