整体よもやま話

自分を絞めつける力が神経を乱す

自律神経失調

頭痛やイライラ、不安、疲労感、不眠、様々な痛みや違和感など。自覚症状はあっても、検査して原因となる病気が見つからない場合。
不定愁訴と言われ、心身症やうつ病、あるいは自律神経失調症などと診断される事があります。
そんなかた達の体の状態を観察すると、大きく二つのパターンに分けることが出来ます。

パターン1は。
表層も深層もどちらの緊張も高く、かつ広範囲に発生。
パターン2は。
表層の筋肉は柔らか過ぎるぐらいなのに、深部は緊張が広範囲に起きている。

パターンの違いの理由は分かりません。
パターン1の方は明らかに緊張しているのが分かりやすく、パターン2の方は慎重に観察しないと緊張が分かりづらい。
どちらのパターンも、体に不要な緊張が持続して、自分自身を締め付ける力を出し続けているのは同じ。
この力が持続してしまうと、次第に様々な症状に発展して来る。
出来るだけ早く取り除くこと。
一度自律神経まで悪影響が出始めると、体の不要な緊張を取り除くには時間がかかります。

今回の施術例は、不定愁訴がずっと続き、週に1~2回のペースで何年もマッサージと鍼治療を続けて来た人。
症状は不定愁訴なので複雑です。
時には頭痛だったり、全身のだるさだったり、また痛みの場合もありますが場所が変動。
めまいや動悸の場合もあるそうです。
施術を行う前に全身一通りチェックすると、体中がガチガチです。
パターン1のほうに当てはまります。
表層も深層もどちらの筋肉の緊張も高く、かつ広範囲。
まず週に1回のペースで施術を行い、手足の大きな関節(足首、膝、股関節、肩関節、肘、手首)を中心にした施術で緊張を解いていきます。
緊張は他の部分と連動していることが多い。
緊張度合いにも順位があり、一番度合いの高いところを緩めると、それに関係した度合いの低い緊張は一緒に緩んでしまいます。
ところが、このかたの様な場合、この連動があまりありません。
連動で緩まないので、嫌になるほど沢山のポイントを緩めていく必要があります。
その為、施術後の反動も若干出やすくなります。
最初の1か月間は、施術後に手足に筋肉痛が出たり、だるくなったりなどの大きな変動が出ました。
次第にそれも治まり、2ヶ月経った頃には、かなり楽になって来ました。
締め付けが緩み、動き始めた筋肉は、最初痛みを出す事があります。
個人差はありますが、この方には顕著に現れました。
3ケ月経つ頃には、小さい関節にも施術を行える時間的余裕が出てきました。
この頃から、不安定だった体調も改善し始めました。
施術間隔も広げることにしました。

自律神経失調と言われるような症状のかた達の施術では、改善がすぐには現れません(例外はありますが)。
この方も、3か月目に入るまでは、改善効果が現れませんでした。
コツコツ緩めてきた施術の貯金が、ある程度溜まると、突然改善し始めます。
するとその後は、改善が速いですね。
この方も、その後はどんどん改善し、4ケ月目には月に一度、体調に合わせて来院してもらう程度です。
統計を正確に取ったわけではありませんが、今までの経験上、乱れた自律神経系が十分安定するには、約3ケ月と言うのが一つの目安になるようです。
筋トレやダイエットも同じ3ケ月周期で計画を立てることが多いですから、人の体が変わるのには3か月程度掛けないといけないのかも知れません。

2016.掲載(2021.09更正)