トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

自分を絞めつける力が神経を乱す

頭痛やイライラ、不安、疲労感、不眠、様々な痛みや違和感など。自覚症状はあっても、検査して原因自律神経失調となる病気が見つからない場合、不定愁訴と言われ心身症やうつ病、あるいは自律神経失調症などと診断されることがあります。
そんな方たちの体の状態を観察すると、大きく二つのパターンに分けることが出来ます。パターン1は、

表層も深層もどちらの緊張も高く、かつ広範囲に発生。

パターン2は、
表層の筋肉はとても柔らかく緊張が足りないのではと思えるぐらいなのに、深部は緊張が広範囲に起きている。

パターンの違いの理由は分かりませんが、パターン1の方は明らかに緊張しているのが分かりやすく、パターン2の方は慎重に観察しないと緊張が分かりづらいです。

どちらのパターンも、体に不要な緊張が持続して、自分自身を締め付ける力を出し続けているのは同じです。この力が持続してしまうと、次第に様々な症状に発展して来るので、出来るだけ早く取り除くべきだと思います。一度自律神経まで悪影響が出始めると、体の不要な緊張を取り除くのに時間がかかるようになります。

今回の施術例の方は、不定愁訴がずっと続いており、週に1~2回のマッサージと鍼治療を何年も続けてきました。症状は不定愁訴なので複雑です。時には頭痛だったり、全身のだるさだったり、また痛みの場合もありますが場所が変動しますし、めまいや動悸の場合もあるそうです。
施術を行う前に一通りチェックすると、体中がガチガチです。パターン1のほうに当てはまります。表層も深層もどちらの筋肉の緊張も高く、かつ広範囲に発生です。
まず週に1回のペースで施術を行い、手足の大きな関節(足首、膝、股関節、肩関節、肘、手首)を中心にした施術で緊張を解いていきました。通常であれば緊張は連動していることが多いのです。連動して緊張度合いにも順位があり、一番度合いの高いところを緩めると、それに関係した度合いの低い緊張は一緒に緩んでしまいます。
ところがこの方のような場合はこの連動があまりありません。なので、嫌になるほど沢山のポイントを緩めていく必要があります。その為、反動も若干出やすくなります。最初の1か月間は、施術後に手足に筋肉痛が出たり、だるくなったりなどの大きな変動が出ていましたが、次第にそれもおさまり、2ヶ月ごろには全体的にかなり楽になってきました。
締め付けが緩み動き始めた筋肉は最初痛みを出す事があり、個人差はありますが、この方には顕著に現れました。3ケ月ほど経つ頃には、施術を小さい関節にも行う余裕が出てきました。このころから不安定だった体調も改善し始め、施術ペースも広げることが出来るようになりました。
自律神経失調と言われるような症状の方たちの場合、施術での改善がなかなか現れないのが普通です(例外はありますが)。この方も、3か月目に入るまでは中々改善効果が現れませんでしたが、コツコツ緩めてきた貯金がある程度溜まるとそこから一気に改善し始め、そうするとその後は改善が速いですね。この方も、その後はどんどん改善し、4ケ月目には月に一度、体調に合わせて来院してもらう程度になりました。

統計を正確に取ったわけではありませんが、今までの経験上乱れた自律神経系が十分安定するには約3ケ月と言うのが一つの目安になるようです。筋トレやダイエットのなども同じ3ケ月周期で計画を立てることが多いですから、人の体が変わるのには3か月程度掛けないといけないのかも知れません。

2018.7月加筆修正(2021.01更新)