トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

生理時期の頭痛や肩こり

女性の場合、生理の前後に体調が変化します。普段より調子が良くなるのなら良いのですが、調子が悪くなるとつらいですよね。生理時の不調

生理痛がひどい、イライラする、気分が落ち込むなどの症状以外にも、その時期だけ頭痛や、肩こりがひどくなる方もいます。体調が不安定なときは、普段はあまり気にならない程度の症状も、ひどく増大されて現われる場合があります。例えば生理以外にも、風邪を引いた時や体力が落ちている時などでも同じです。痛みに対する閾値が下がってしまうからです。
今回の話は、生理前後に頭痛と首や肩や背中の凝りがひどくなると言う方の話しです。

頭痛は片頭痛のように片側がズキズキすると言うのではなく、頭全体が「ずーん」と重くなる感じです。首や肩背中のコリは普段からいくらかはあるようですが、そこまで酷くは無いようです。しかし、生理前後には不快なほどコリは酷くなるそうです。症状はもう5年以上は続いています。
症状が出るのは生理の前後と限定されていますが、細かく話を聞いていくといくらかは普段から首や背中に違和感はあるようです。そこで、普段感じている僅かな違和感を無くしていけば、体調が落ち込んだ生理前後にそれらが悪さをしなくなるだろうと想定して施術を進めました。
主に症状は上半身上部に出ているので、先ずは頸椎の状態から見ていきました。大体頭痛が出る方の場合、後頭部下あたりに問題があることが多いのですが、この方も頸椎の1番に緊張が出ていました。
頸椎に関してはこれだけでしたが、そのまま下がって胸椎を調べると、胸椎の1番、5番、12番にも緊張が出ています。特に12番が強く緊張がロックしていました。胸椎12番を緩めるのには少し苦労しましたが、それぞれの関節が緩んでくるのに合わせてその周辺の筋緊張も緩み、次第に生理前後の嫌な症状は改善していきました。

どの関節の緊張がどの症状とリンクしているのかは大して重要ではないのでここでは省きますが、重要なことは普段は気付かない程度の異常でも、それらが複合し更に悪条件が重なると、様々な症状を出してきたり体本来の能力を妨げたりしてしまうと言うことです。体に悪影響を及ぼしていたり、体の能力を妨げていた緊張を解除する事で、体の能力は存分に発揮され、その結果として症状の改善につながります。

2017.12.10(2021.01更新)