トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

外くるぶしの治らない痛み

ケガや打撲などで体が傷を受けると、その部分には浮腫といってむくんだ状態が少なからず起こります。くるぶしの痛み
これは血液からの成分がそこへ溜まっている状態で、血管の損傷や炎症成分による反応です。治るための反応でもありますから、傷が治ればおさまるのが普通です。

今回の話は、3週間まえから足の外くるぶしとふくらはぎに痛みが出ている方の話です。
ハッキリとした原因は思い当たらず、痛みは足に体重をかけて足首を曲げると起こります。
痛みが出始めてからひどくなる気配もないのですが、いっこうに治る様子もないため来院されました。

外くるぶしの周辺を押すと、くるぶしの下側と後ろ側に痛みがありました。
くるぶしの周辺もやや腫れた感じがありました。
ハッキリとした原因が思い当たらなくとも、些細な原因で損傷は起こる場合があります。強い大きな衝撃ではなく、弱くても繰り返しかかってくる負荷がそうです。
しかし、腫れもさほどひどいものではなく、すでに3週間もたっているのに痛みが治ってこないのは、治癒を邪魔している原因がどこかにあるのかも知れません。
そこで、足首の動きと抵抗をテストすると、足首を外返し(外反)する方向に異常に抵抗が現れていました。
この緊張が消えない為、外くるぶしの関節が浮いた状態のまま密着することが出来ず、治癒が進まなくなっているのかも知れません。
足首の抵抗の向きをとらえ緊張が低下するように集心法で足首の位置を直したところ、その翌日には痛みが半減し、二日後にはほとんど痛みがなくなったそうです。
治癒を邪魔する緊張(抵抗)を低下させることが出来たため、やっと正常な治癒が始まってきたのでしょう。

痛む部分は外くるぶしですが、緊張は内くるぶし側に発生していました。このような緊張は、損傷当初に患部をかばうために作られたものと考えられます。しかし通常は傷が治ってくるとともに消えてくるはずの緊張が消えずに残るのはなぜなのでしょう?このように、緊張が残って半治癒状態のまま慢性化してしまうケースもわりと多くあります。

(2018年8月加筆修正)2021.02更新