トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

片方の顔に起こったシビレ

今回の話は、片方の顔だけシビレている方の話しです。顔の半分のシビレとなると、脳の病気も考えなければなりません。ちょっと心配ですよね。顔のシビレ

この方は、4か月前に顔の右側にしびれたような感覚低下が起こりはじめました。お化粧をするときに気づいたそうです。少しずつシビレ感も増してきて、3か月経つ頃にはその症状はひどくなり、痛みも少し出始めたそうです。
心配になって病院で脳の検査(MRI)を受けたそうですが異常はなく、1か月間ビタミン剤を飲んでいるそうですが、今のところ回復の兆しは感じないそうです。思い当たる原因は無く、少し疲れがたまっている程度だそうです。それ以外の慢性的な症状は、肩こりと腰痛が少しだそうです。

既に病院での検査を済ませているのは助かりますね。検査結果は異常なしと言うことなので、重篤な脳の病気は除外して考えることが出来ます。
さて、体のどこに緊張が固定されているかを探していくことにしました。症状は顔と首肩周辺ですから、先ずは首の動作テストから始めました。首の動作テストでは問題はありませんでしたが、触診で頸椎に複数の歪み(緊張)が見られます。左肩に比べて右肩関節の緊張が大きく、右の首筋(胸鎖乳突筋)が過剰緊張しています。後頭部を触診すると、右後頭下部が膨張しており、皮膚の感覚低下が出ています。
症状は顔の右側。その右側には肩と頸椎に歪みと緊張が出ています。これは因果関係有と十分考えられるので、右首肩の緊張をゆるめる事を最優先に施術を行いました。
初回の施術後一週間症状を観察してもらい、症状の改善がみられるようなら引き続き同様の施術を行う計画にしていたのですが、予想以上に改善が早く、施術翌日にはシビレは半減し、二日後にはしびれは無くなったそうです。一安心しました。

何かの理由で神経自体にダメージが出ている場合は、力が入らなかったり感覚が無くなったりします。神経は一度ダメージを受けると回復が困難で、こうなると完全には治りません。今回の方の場合は、神経にはダメージは無く別の要因(緊張由来)でシビレ(感覚低下)が出ていたため、回復が出来たのだと思います。

(2018年7月加筆修正)2021.02更新