トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

足の甲のシビレと痛み

大きな事故が原因で痛みが残るのは良くありますが、事故で怪我をしなかった方の足に後になって痛みが出ると言うパターンもあります。ちょっと不思議ですけど。
今回の話は、10年前にとても大きな事故に合った方の話です。
事故のせいで片足にケガを負いました。その怪我が治るころになって、逆側の脚に強い痛みが出るようになりました。かなり痛かったようで歩くのも辛かったそうです。病院でしばらくリハビリを行ううちに、脚の痛みはおおよそ治り歩けるようにはなったそうですが、今でも足の甲の小指~薬指の範囲が常にシビレていて感覚が鈍くなっています。歩いていると次第に痛みも出て来るそうです。
かなり大きな事故だったそうで、その時の影響が治りきらずにどこかに残っているのかも知れません。あるいは怪我した脚を庇っているうちに反対の足に負荷が掛かりすぎて緊張が取れなくなったのかも知れません。
事故の状況を聞いてどこに負荷が掛かったのか推理したりもするのですが、骨折聞くとかなり激しい事故で事故の瞬間どこがどうなったかも分からず、そこから推理しようとしても全く見当がつきませんでした。仕方ないので、体を支える大本である足首から見ていくことにしました。
シビレが出ている側の足首の状態を見ると、健側に比べて脛に緊張が出ているのが見えました。また、足首の関節の動きにも制限が出ており、つま先を下げる方向(底屈方向)へ動きにくくなっています。
脛の筋肉が緊張していれば当然起きる現象ですが、脛の緊張を直接緩めようとしましたがあまり上手くいきませんでした。そこで足首の足根骨部分に着目しました。
足首には足根骨と言われる沢山の小さな骨が集まっています。このうちのいくつかが中へ入ってしまって外へ動きにくくなっていました。この状態を作っている緊張が足根骨周辺にあったので、その緊張が緩む方向を探してしばらく待つと、次第に抵抗感はゆるみはじめ、それと共に脛の筋肉にあった緊張も緩んできました。
シビレと痛みがこれで改善するのかどうかは正直判断がつかなかったのですが、その後2回同様の施術を行うとシビレや感覚低下は次第に無くなり痛みも出なくなって行きました。

かなりの年数が経っていた症状で、感覚低下も起きていました。痛みだけであれば痛みを無くせば感覚自体は正常にあるわけですから問題無いのですが、感覚が低下しているとちょっと厄介です。神経(感覚神経)にダメージがあってそれが原因で感覚を感じなくなっている場合もあるからです。神経は大きく傷ついてしまうとなかなか回復は見込めません。そういった種類の細胞です。この方は幸いにも神経には損傷が出ていなかったので、感覚は正常になりましたが、神経がダメージを受けて感覚が脱落しているのなら、施術で緊張を解除しても感覚は戻らなかったと思います。

(2016年8月作成) 2021.02更新