トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

小学生の反らすと痛い首

小学生くらいの子供の場合、例え体のどこかに大人と同じような歪みが発生したとしても、子供その回復力と成長力の速さであっという間に自分で治してしまえます。変化し順応する能力の高さが成せる業ですね。
しかし、それでも大きすぎる衝撃、例えば自転車や車の事故などの激しい転落や転倒など受けると、その影響が体に残り上手く回復へ進めなくなる事もあります。今回の話は、もう一年以上も首の痛みが治らない小学生の話しです。
学校で鉄棒の練習をしていた時に首に痛みが出たそうです。激しく転落したというわけでは無いようですが、首に遠心力がかかる動作はかなりやったようです。首は重い頭を支えている関係で、水平方向に振られるとちょっと負荷が大きいですから。
さて首の構成はと言うと、背骨首には骨(頸椎)が7つあります。頚椎1番~7番と呼びます。これらが連携してあらゆる方向に首を動かすことが出来ます。しかし、首の動きに必要な骨は頸椎だけではありません。頸椎より下の胸椎と言う背骨の動きも重要な要素になります。おおよそですが頸椎7個と胸椎の3個ぐらいまでが首として機能していると思っても良いと思います。年配の方に多いようですが、胸椎部分が硬くなってしまって(肋骨が硬くなってとも言えますが)首の動作に協力しなくなっているパターンです。頸椎7個だけで首の動きをやろうとするので、首がすくんだような詰まったような感じの動きになっています。

さて、彼女の症状ですが、首の基本的な動きには問題なく、痛みも出ないようです。しかし唯一首を反らす動き、それも結構大きく反らした所で首に痛みが出ます。頸椎の異常があればもっと手前の角度で痛みが出るでしょうから、彼女の場合はさらに下の胸椎に異常がある可能性が高いです。しかし念のため頸椎の状態を一通りチェックをしました。ですがやはり目立った緊張もなく関節の可動性もとてもなめらかで問題ないように思えます。そこで胸椎を調べると、案の定緊張が出ていました。首が大きく振られることで胸椎周辺に異常緊張が残ってしまったのでしょうか。
緊張している胸椎部分にコンタクトし、緊張の方向を合わせ、そこから緩む方向へ向きを変えると次第に緊張はゆるみはじめ、十分緩んだところで首の動作を確認してもらうと、もう痛みは無くなっていました。
成長過程でのこのような異常は、その後の健康的な発育へどんな影響を与えるか分かりません。出来るだけ早めに対処し治しておければ一番良いですね。
子供の場合は治る能力が高いので1~2回ですぐ解決します。彼女もこの一回の施術で解決しました。本当に子どもの能力の高さには感心します。

(2018年7月加筆修正)2021.02更新