整体よもやま話

消えない肩甲骨の痛み

肩甲骨

痛みの出かたは色々あります。
動かすと痛みが強く出るパターンや、ある特定の動きだけで痛むとか、あるいは動かさなくても痛むなど。
肩の後ろや、背中、脇の後ろなどの、肩甲骨の周辺のエリアについて。
この肩甲骨周辺エリアの痛みは、体を動かした時に痛むだけでなく、何もしていなくても嫌な痛みを出す事が、結構多くあります。
今回の話も、肩甲骨の周辺に、常に嫌な痛みが出てしまい、治らなくなってしまったかたの話です。

このかたは、3ヶ月前から左側の肩甲骨周辺の痛みが治らなくなりました。
 痛みの出始めた切っ掛けは、普段やらない力仕事。
最初は、只の筋肉痛と思っていたそうです。
ですが、しばらく経っても一向に治る気配がなく。
それで。まずいと思って来院されたそうです。

 先ずは、正確な痛む場所の確認から始めます。
痛みは、首筋の左側から下に降りて、肩甲骨の内側と横に広がって、左肩の方向にも広がっています。
この範囲の筋肉で、一番表面に有るのは、僧帽筋です。
首を支える筋肉には、背中や肩との繋がりがある物が多く有り、僧帽筋以外も含めて、広範囲にチェックしなければいけません。
そうしないと、正確に何処が悪いのか、判別できません。
肩甲骨の上角から頸椎へ繋がる肩甲挙筋や、肩甲骨内側から胸椎に向かう菱形筋なども、僧帽筋と重なっています。
これらの筋肉が原因の可能性も考えないといけません。

実は実際に検査・施術していく時には、なに筋か?と言うのはあまり重要ではありません。
検査で引っかかった場所と深さを、そのまま逃がさないように緩めていくだけなので、それが何筋かと言うのは関係ないからです。
ただ、頭の中に、骨格とそれに繋がる筋肉の解剖図が入っていると、体内をイメージしやすいので、緩ませるポイントを見つけやすくはなります。

さて、痛みが広がっている範囲を細かく検査していくと、肩関節、胸椎、頸椎の関節部分に、左後ろへ向かう緊張が出ていました。
それらが合算して、肩甲骨の痛みを作っているのでしょう。
切っ掛けとなったのは、久しぶりの力仕事なのでしょうか?
切っ掛けは、正確には分かりませんが、何かが肩関節や胸椎や頸椎の関節に、無理な力を働かせ(力んだ力の出し方が)、筋肉の制御を狂わし、緊張がロックして緩まなくなった。
肩関節や肩甲骨、首の動きを使って、それぞれの緊張のロックを外していきます。
肩関節も、頸椎も、肩甲骨も。
全て施術は仰向けで行えます。
それぞれ緊張が出ている所を支え、しばらく緩むのを待つと、次第に緊張が緩みはじめ、全体が緩んでくると、肩甲骨の痛みは無くなりました。

急に力仕事をして、背中や肩が痛くなることはあっても、一週間もすれば大体は回復して来るものです。
ところが、何かの弾みで緊張がロックしてしまうと、このかたのように、3か月経っても症状が回復しない、と言う事が起こります。
慢性化する場合と、しない場合で、何が違うのかは、まだハッキリとわかりません。
しかし、複数の小さな緊張が複合した時は、慢性化の可能性が高くなるような気がします。

(2015年掲載)2021.09更新