トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

消えない肩甲骨の痛み

痛みの出かたは色々あります。動かすと痛みが強く出るパターンや、ある特定の動きだけで痛むとか、あるいは動かさなくても痛みがあるなど。肩の後ろや背中や脇の後ろなど、肩甲骨の周辺なのですが、このあたりの痛みは体を動かした時に痛むだけではなく、肩甲骨何もしていなくても嫌な痛みを出すことが結構多くあります。
今回の話も、肩甲骨の周辺に常に嫌な痛みが出てしまい、治らなくなってしまっている方の話です。

この方、3ヶ月前から左側の肩甲骨周辺の痛みが治らないそうです。 痛みが出始めた切っ掛けは、普段やらない力仕事だったようです。最初は只の筋肉痛かと思っていたそうですが、しばらく経っても一向に治る気配がなく、まずいと思って来院されたそうです。

 先ずは痛む場所の確認です。痛みは首筋の左側から下に降りて肩甲骨の内側と横に広がって左肩の方にも広がっています。この範囲の筋肉で一番表面に有るのは僧帽筋ですが、首を支える筋肉には背中や肩とのつながりがある物が多く有り、それらを含めて広範囲にチェックしなければ何処が悪い部分なのか分かりません。肩甲骨の上角から頸椎へ繋がる肩甲挙筋や肩甲骨内側から胸椎に向かう菱形筋なども僧帽筋と重なっているので、これらの可能性もあります。ただ、実際に施術で緊張のロックを探していく場合には、何筋か?と言うのはあまり関係ありません。検査で引っかかった場所と深さを緩めていくだけなので、それが何筋かと言うのは関係ないからです。
さて、痛みが広がっている範囲を細かく調べて行った結果、肩関節、胸椎、頸椎の関節部分に左後ろへ向かう緊張が出ていました。それらが複合して今の痛みを作っているようです。切っ掛けとなったのは久しぶりの力仕事なのでしょうか?切っ掛けはっきりとは分かりませんが、何かが肩関節や胸椎や頸椎の一部の関節に無理な力を働かせ、筋肉の制御を狂わし、緊張がロック。それらが複合して消えない肩甲骨の痛みを作っていたようです。
肩関節や肩甲骨、首の動きを使ってそれぞれの緊張のロックを外していくと、次第に緊張がゆるみはじめ、その結果痛みは無事無くなりました。

急に力仕事をして背中や肩が痛くなることはあっても、一週間もすれば大体は回復してくるものです。ところが何かの弾みで緊張がロックしてしまうと、この方のように3か月経っても症状が回復しないと言う事が起こります。慢性化する場合としない場合で何が違うのかは、まだハッキリとはわかりません。しかし、複数の小さな緊張が複合した時は、慢性化の可能性が高くなるような気がします。

(2018年7月加筆修正)2021.02更新