広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

転んで膝を打撲して脚がふらつく

膝のフラつき80代の方ですが、転んで膝を打ってから脚に力が入らなくなり、ふらつくようになりました。力が入らず、つま先立ちが上手くできません。痛みは、たまに皿の下にピリッと走るそうです。
どんな体勢で転んだのか細かいことは覚えていなかったのですが、皿の下を打ったのは間違いないようです。
打撲から4ヶ月たち、打撲傷は治っているのですが、太ももの筋肉は衰えが目立ちます。整形外科で筋肉を鍛えるよう言われたため、ウォーキング・開脚器具を使ってのトレーニングをしていますが効果は十分出ていません。

膝に異常があるのかとも思ったのですが、歩く姿を見ると明らかに痛めた側の腰をかばっています。
しかし、腰には痛みを感じていませんでした。
どこに異常が現れているか観ていくと、腰部、でん部、ももの前後ろ、足首、に見つかりました。
体の軸のズレそれぞれの箇所に不自然な筋緊張が出ています。
その緊張を解いていくことで、次第に太ももの筋肉も太くなり、ふらつきもなくなってきました。
施術期間中、当初痛みを感じていなかった腰に、たまに痛みが出ることがありました。異常があっても、他とのバランスによって痛みを感じない場合があります。各所を直していく過程で、バランスの変化が現われ、腰にも痛みを感じるようになったようです。この痛みも、各所の異常が直っていくにしたがい無くなりました。
モモの太さは左右差がなくなり、つま先立ちも出来るようになりました。体のバランス感覚もしっかり安定するようになりました。

ケガをきっかけに不自然な緊張(歪み)がずっと残ることがあります。その原因の一つは、患部をかばうために起こる体の動きの変化です。
ケガが治るとともに体の動きも元に戻るのですが、その時少し痛みがともないます。この痛みを気にしすぎたり不安に思いすぎると、体の動きが不自然なままとなり、各部に異常緊張が出てきます。ある意味、自分で緊張を育ててしまったような感じです。
こうなると本人だけでは緊張の解除がちょっと難しくなるので、早い時期に適切な施術が必要ですね。
(2016年5月更新)