広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

自律神経失調症と整体

自律神経失調自律神経失調症の症状は、
慢性的な疲労・だるさ・めまい・偏頭痛・動悸・ほてり・不眠・便秘,下痢・耳鳴り・手足のしびれ・口やのどの不快感・頻尿・残尿感などから、精神的な症状としては イライラ・不安感・疎外感・ゆううつになる・感情の起伏が激しいなど多岐にわたります。
医学的にも原因不明な場合が多く、治療法が確立されているとは言えないのが現状で、心療内科や神経科では、薬物療法や行動療法などが主に行われています。
「自律神経とは、血管やリンパ腺,内臓などに分布し、呼吸や消化吸収,血液循環など生命維持に関わる大切な神経。交感,副交感神経の二種類でバランスをとり、体の機能を調整している。このバランスが崩れて起きるのが自律神経失調症。」

自律神経が乱れている方の身体には、ある共通した特徴が見えてきます。それは、一見すると身体の歪みが無い事です。これは通常とは異なった歪みが入っているため、見た目の歪みが無いように見えるからです。特異な歪み
通常、同じ箇所の軸が歪む方向は一方向です(左図)。
ところが自律神経系が乱れている方の多くは、まるで中心軸が2つに分かれて左右2方向に歪んだような状態になっています(右図)。
その為、見た目の歪みは相殺され、まるで歪んでいないように見えるのですが、実際には左右どちらにも動けない締め付けられた状態になっているのです。
この「締め付け」が広範囲の方もいれば、ある一部分にだけ見られる方もおり、その範囲や場所の違いによって耳鳴りや目まいが出やすいか、体の痛みが出やすいか、と言ったおおよその傾向が決まるようです。
この「締め付け」を解くのは、一方向だけの歪みを解くのに比べると難しく時間もかかりますが、各方向丁寧に施術を行う事で修正することが出来ます。関連ページ 思い通りにならない自律神経と身体 、自律神経失調と頚椎1番

さて、自律神経はどこから来ているのでしょうか?
それは「脳」です。
脳の視床下部(ししょうかぶ)と言う場所がその中枢で、自律神経機能だけでなく内分泌機能も調節しています自律機能(ホル モン系のまとめ)も参照)。
情緒や不安、怒り等にも関係しており、心にも影響をあたえます。

脳と体は密接に関係しあっています。脳の入出力参照)
脳は神経の塊ですが、その神経の先には沢山のセンサーがついています。
そのセンサーは体中の皮膚や筋肉に分布して、体の情報を脳へと送っています。
このセンサーからの情報をもとに脳は機能しています。
この関係から、体(筋肉,皮膚)は「脳の一部である」と考えることもでき、体の状態を変えることは脳の機能を変える事にもつながります。
手技によって体に起きている歪み(力み,緊張,コントロール不良)を取り除き、脳にかかるストレスを解除出来れば、脳の機能は今よりずっと正常に機能し始めます。
(2016年5月更新)