トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

膝の軟骨変形で正座できない

膝が痛いのは、軟骨の変形のせいだと言われますね。確かに軟骨の変形は起こります。しかし、それと痛みとは少し離して考えた方がいいと思います。正座年をとれば、骨や軟骨に変形が出るのは普通です。それらの方の多くが痛むことなく元気にすごしています。

膝が痛むので正座が出来ない80代の人です。
整形外科で、膝の軟骨が変形していると診断され、ヒアルロン酸注射を数回行いました。しかし残念ながら良くならなかったようです。

正座をすると、痛みで横座りになります。痛みは膝の皿周辺や内側と膝裏にあります。膝に腫れはありません。膝に体重を乗せずに曲げ伸ばしするのは、かなりの角度まで抵抗無く曲がります。膝の痛む範囲が広いので、膝の前側、内側、後側のエリアに分けて施術することにしました。

それぞれ痛む場所の反対側から、ほんの少し抵抗が出る程度の加減で膝関節を押すようにします。だいたい2分ほどで抵抗が緩んできました。次に腰を見ることにしました。

腰の付け根の右に少し痛みがあるようです。腰仙部と言われる場所です。そこで膝同様に、反対側から痛む側へ向けて軽く押し、施術をしました。これで正座をしてもらうと、痛みなく正座ができて不思議な様子です。

膝自体に損傷や極端な可動域制限が無かったので、すぐに痛みが消えました。膝を動かしていない期間が長いと、筋や組織が硬くなっているので、しばらくはリハビリする必要があります。

(2016年5月更新)