広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

整体を体術として考えると

武道と整体整体の技術を体術同じと考えると、その極意は武術の極意と通じるように思います。
体の動きの研究と武術好きが高じて、2008年から合気道を習い始めました。
以前空手を習っていたので力には少し自信があったのですが、合気道の師範に技をかけられるとなぜか抵抗できずに崩れてしまいます。
関節を極められて痛くて崩れると言うわけではありません。
痛くないのになぜか抵抗できず、一気に全身が崩れ落ちてしまうのです。
力で抵抗しようとするほど勢い良く崩れます。
普通の動きではないようですが、どういう動きなのかがわかりません。
合気をかけるとか呼吸力とか相手の力に逆らわずとか気を出すとか、人によって説明が違っていてどうも意味が解かりませんでした。
とは言っても、単純な動きとしての理屈があるはずだと思い、その後ずいぶんと研究しました。
合気道では、技を行うさいの注意として、姿勢を正す力で無理やり崩そうとしないそっと撫でるようにする呼吸を合わせるなど言われるのですが、この注意点はそのまま整体の注意点と言ってもいいぐらい見事に一致しています。
整体も相手の体に対して技を掛けると考えれば、合気道と同じ体術と言えるのかもしれません。
ならばその原理(極意)は共通しているのではないでしょうか。
現在までの合気道と整体の研究から、私なりに一つの答え(動きの理屈)を導き出しました。
詳細は割愛しますが、それを簡単にまとめると、
体で十字に直交する動きを作ると動きから支点が消失し、全骨格は一斉に連動した動きを起こす。
その動きを行えば、力に抵抗されることの無い身体操作が可能となり、その動きを他者から受ければ、抵抗の無い連動した動きが導かれる。

と言えそうです。
集心法では、正しい連動を回復することが目的です。連動を失った所は力で抵抗してくる部分でもあります。
その抵抗を力づくでなんとかしようとするのではなく、抵抗させない動きを使うことで解除するようにもって行きます。
(2016年6月更新)