広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

手を当てるだけでゆるむ

手当世の中には、軽く手を当てただけのような施術法が沢山あります。
そんな弱い力で緊張している筋肉がゆるんだり、痛みが取れる事があるのか?
疑問に思う方も多いと思います。
強い力でなければ人の体に変化を与えることは出来ない。
と考えるのが普通でしょう。
当院の集心法も、非常に小さな動きと力の技術なので、そんな事で直るのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、強い力をかけるとはどういうことなのか。
なぜ弱い力でも、体に変化を与えることが出来るのか。
を解説したいと思います。

ここでは、手のひらで相手の体に触れる動きを使って話を進めていきます。

手のひらで強い力を加えるためには、加えたい力と同じ大きさで押し返して来る力が必要になります。
例えば腰椎が左から右へ移動しにくいとします。
手のひらを使って、この腰椎を左から右へ強い力で押すためには、腰椎が出している抵抗力にピッタリ合わせるように押す向きをコントロールしなければいけません。
これは棒と棒の先をピッタリあわせて押し合うのと同じで、なかなかすごい技術なのですが、実は手を使って押し合う場合は、誰でも苦も無く出来てしまいます。
それは力を加えると言う事が、こういう状態を作ることだと体で覚えて来たからで、特別な訓練をした人でない限りは、ほとんどの人がこのような「力んだ力」の出しかたをしてしまいます。
わざわざ抵抗が強くなる方向へ合わせて力を加えているため、押せば押すほど押し返してきます。
力で押し勝つことは出来るかもしれませんが、その際は破壊現象も一緒に引き起こしてしまいます。

ではどうすればいいのか?
力んで手のひらを動かす方法ではない、別の動かし方があります。
空気中で何も無いところを手のひらを動かしてみてください。
空気の抵抗はほとんどないので、当然腕や体は力むことなく手のひらを移動させることが出来ます。
このとき、手のひらにどのように力が働いているのかを感じ取ってもらうと、手のひらから少し前へ出たところに、手のひらを動かすための力が抜け出しているのを感じると思います。
まるで手のひらから何かエネルギーが放出されているかのような錯覚も起きるのですが、これはそういう事ではありません。
なぜそう感じるのかというと、何の抵抗も無いところを手のひらを移動させようとすると、手のひらが移動する前に体の方がわずかですが手のひらと反対方向へ移動し、手のひらから力が抜けるような感覚が生まれます。
あえてものすごく重い空気を手のひらでグッと押しのけるようなイメージで手のひらを動かすと、手のひらから抜け出していた力の感覚が、手のひらにぴったり重なるのがわかると思います(これは力んだ時の力の出し方と一緒です)。

手のひらから力が抜けていくような感覚は、「手のひらで押す」ではなく、「手のひらを当てる」という感覚のほうが近い表現になります。
ここでまた、左から右へ移動しにくい腰椎に手を当てるのを考えましょう。
移動しにくい腰椎には力んだ抵抗力が内部から出ています。
その力に合わせるように手のひらで押すのではなく、まるで何の抵抗もないかのように手のひらを当てるようにすることで、腰椎内部の力みに影響されない方向へ自然と腰椎の動きを導くことができ、腰椎の力みを解除する事が出来ます。
チョッと不思議な感じもするかと思いますが、元々体の動きは力まずに動けるようになっており、その状態へ戻してやるための動きを与えさえすれば、力みのない状態へ戻すことが出来るからです。

手を当てると言う感覚と、強い力を加えると言う感覚は、全くの別の動きだと言う事がわかってもらえたと思います。
力の強弱の問題では無く、動きの質の問題なのです。
 
実際には抵抗(力み)の出ている患部に触れて、その抵抗に影響されずに手を当てただけの感覚にすることは、そう簡単なことではありません。
直したいと言う思いが強すぎても、力みに引きずられてしまいます。
とは言っても、何も考えずにただ手で触っただけでは何も起きません。
力みに影響されず、手のひらから力を抜け出させることが自在にできるように、十分訓練しなければ上手くはいきません。
2017.10.05