広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

治らない原因・不快感覚と防御反応

防御痛み、しびれ、こわばり、違和感、むずがゆさなど、多くの不快な感覚があります。
この「不快感覚」に対して体は自然と「防御反応」を起こします。
それは危険から逃れたり、キズ口を守ったり、疲労から体を休めたりするために体に仕組まれた機能です。
この機能が体を守るために働いているときは良いのですが、ある条件が揃うと防御反応の一部が慢性化し、その結果体に悪影響を与える事になります。

分かりやすい防御反応の慢性化現象は、かばう動作がクセになる事です。
最初は良かったかばう動作も、回復が長引いたり、当初の痛みが強烈だったりすると、かばいグセが記憶されてしまいます。
体の動きの大部分は、その都度隅々まで意識し考えて動かしているわけではなく、一連の動きのプログラムとして小脳などに記憶されています。
これに「かばいグセ(不必要な防御反応)」が記憶されると、無意識にその動きが繰り返されます。
それは些細な動きの変化であっても、自然な体の動きを妨げ、常に無理な負荷がかかり、さらには新たな防御反応を作り出す負の連鎖が発生します。
多くの症状が、この些細な変化をキッカケに起きている事が少なくありません。
例えば首で起きれば、頭痛、首、肩の痛み。
腰で起きれば、腰痛、坐骨神経痛、脚の痛みなど。
症状は「痛み」だけではなく、「しびれ」「こわばり」「疲労感」「こり感」「表現しにくい違和感」から「やる気がしない」「抑うつ状態」まで幅広く全身に及ぶ可能性があります。
現状、患部が正常に治っているのであれば、その原因はもう患部にはなく、動きのプログラムにあります。
このプログラムは訓練で書き換えていくことが可能で、動きのどこを直せばいいか明確に理解し、本人がその違いを感じながら訓練すれば直すことが出来ます。
症状があるのに検査しても異常が見つからない人。
痛めてから何年もたつのに治らない人。
ぎっくり腰など、何度も同じ痛みを再発する人。
いろいろ治療したがなぜか治らない人。
まずは、体の中に不快感覚の原因になっている異常がないかを探し、それがあれば解除を行い、それが無いにも関わらず症状が現われている場合は、かばいグセ(不必要な防御反応)のプログラムを書き換える訓練を行います。
この動きのプログラムは「意識の中の無意識」と言った位置づけで、意識をして訓練をすることで最も早く書き換えることが可能です。いわゆる「上達する、上手くなる」と言うのと同じメカニズムです。

(2018年8月加筆修正)