トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

腰のヘルニアに関係なく腰痛が治った

ヘルニアが原因で痛みが出ると言うのは本当でしょうか?腰痛

椎間板が飛び出して、神経を圧迫し、痛みやしびれを起こす。 ひどければ手術。しかし、手術で神経の圧迫がなくなったのに痛みが消えない、痛みが再発する人が多くいます。逆にヘルニアがあって神経を圧迫しているにもかかわらず、何の症状もない人も数多くいます。NHKの番組でも取り上げられるほど、今では必ずしもヘルニアが原因ではないという事が世間にもだいぶ広まってきたようです。

30代男性です。
腰痛で整形外科では椎間板ヘルニアによる腰痛だと診断されています。整形ではヘルニアによる神経圧迫が原因ということでブロック注射を受けました。接骨院では電気、マッサージ。整骨院ではボキボキ矯正などの治療受けていたのですが治らず、当院へ通うことになりました。

学生時代から今までずっと、毎日のように腰をねじって鳴らしているそうなので、まずそれをやめてもらいました。これは腰痛が直らない原因の一つだからです。さらに、腰椎の制限を取る施術を行っったところ、痛みは無くなりました。その後、2回目のMRIを撮った時に、MRIには半年前に写っていたヘルニアが以前と変わらぬ姿で写っていたそうです。 以前と何も変わっていない画像を見て整形外科医に
「まだ腰は痛いでしょう?」と聞かれたそうですが、本人はもう腰が痛くないのでちょっと返答に困ったようです。施術はうまく行きましたがヘルニア自体には変化はありませんでした。当然ですが手技ではヘルニアを直接凹ますことは出来ません。つまりこの方の腰の痛みは「ヘルニアとは直接関係がなかった」という事になります。

ヘルニアがあるということは、椎間板が変形するほどの無理な力がかかっていたのは間違いありません。再発を予防するためにも、体の使い方や生活習慣を見直すことは絶対に必要です。ただし、注意してほしいのはヘルニアによっておきる障害もあるということです。排尿障害や麻痺(痛みではなく感覚がなくなる、動かせないなど)です。その場合は整体ではなく即手術が必要です。

しかし先入観とは怖いもので、一度それが植えつけられるとそう簡単には上書きされません。

(2016年7月更新)