整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室

整体よもやま話

キズ修復期間の目安

キズ、つまり外傷の修復期間の目安について。

傷つく箇所によってその修復期間は大きく変わってきます。おおよその目安ですが、

  1. 皮膚・・一週間
  2. 筋肉・・2週間~2ヶ月(軽症~重症)
  3. 腱・・・2ヶ月
  4. 靭帯・・2ヶ月~6ヶ月(軽症~重症)
  5. 骨・・・2ヶ月~6ヶ月

*成人の場合

場所やキズの程度によってかなり修復期間に差があります。修復にこんなに長くかかるのかと思う箇所もあるのではないでしょうか?皮膚のキズは目に見えるのでだいたいの期間がどなたにも実感としてあると思いますが、その他の箇所は内部で目で見ることが出来ません。
キズがどうなっているのか・・
キズは塞がっているのか?
それともまだ開いているのか?
見えないと色々考えてしまいますね。ほとんどの方がどこか痛めてしばらく痛みが続くと、そこが凄く気になると思います。するとどうするか?普段以上に動かしてしまう人が以外に多いのです。それもやってはいけない動きで。腰、肩、首、気になる所をグリグリ、ゴリゴリ。どんどん体のつながりがバラバラになるのに。腰が痛くなると急に腹筋し始める人もいますね・・・。逆に、怖くて極力動かさないようにする人もいます。

キズの回復に必要な時間が経過しておらず、キズが塞がっていないのに動かしすぎると「壊れます!」。延々治る暇を与えない状態を作り慢性化完成となるようです。キズはもう塞がっているのに極端に動かさないようにしていると「衰える」。廃用性萎縮といって、使わない所は機能がどんどん衰えます。本当に気を付けましょう。
(2016年7月更新)