整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室

整体よもやま話

些細なことから足首の痛みへ

些細なことがきっかけで痛みが起こり、それが取れなくなることがあります。足首

50代女性の場合。先週から右足首に痛みが出ます。原因らしきものを聞くと、横座りから立つときにちょっと足首を変な格好でひねったそうで、それから痛みが続いています。どんな動きで痛むのか聞くと、普通に動かすのは痛くないようです。ちょっとした角度の瞬間に不意に痛みが強く出るようです。

まずは足首を各方向(屈曲、伸展、内反、外反)に自分で動かしてもらいました。おっしゃる通り、こういった単純な動きではそれほど痛みが出ません。今度は私が動かしてみます。すると伸展(底屈)で少し違和感が出るようですが痛みはありません。そこで今度は、カカトをもって持ち上げてみると痛みが発生しました。かなり痛そうです。逆にカカトを後ろへ押すのは痛みがありません。

そこで足首を前面から後面に向けてつま先の角度も変えながら押さえます。抵抗が出てくるので、それ以上抵抗が強くならない軌道へと直していきます。だんだん最初と足首の感じが変わってきたので、良さそうなところで痛みを確かめてみます。大丈夫です。どの動きでも痛みは出ません。立って歩いてもらっても特に違和感はないようです。

今回の症例は、単純に足首に外力が加わって足首のみに異常があった場合ですが、足首以外の異常で足首が痛む場合もあります。この場合は、必ず腰椎、股関節、つまり骨盤周辺を見なければいけません。通常、足首や膝だけが何の理由もなく勝手に悪くなることはありません。直接痛めたなどの理由がないのであれば、必ず腰周りの問題を疑う必要があります。そんなときは遠回りになるような気がしますが、足首や膝は放っておいて腰周りから見ていくのが結果的には早期解決につながります。

(2016年7月更新)