広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

首から背中へ広がる痛み

首痛い 首から背中、肩甲骨のあいだが痛む症状はわりと多く見られます。


60代女性で、3日前から左の首筋から肩甲骨のあいだが痛みます。原因に心当たりは無く、もしかすると寝違えたのかもしれないと言っています。


まずは首の動作テストです。首を前後左右に動かしてもらい、痛む動きを教えてもらいました。痛むのは首を左へねじる動きと左へ倒す動きで、痛む場所は左の首の付け根から肩甲骨内側にかけてでした。


次にどの箇所に異常があるかを探します。正座で背中側から眺めると、脊柱が全体的に左凸のカーブを描いています。上半身を右へ倒したさいの脊柱の動きを触診すると、問題なく滑らかにカーブしています。今度は左へ倒してもらうと、曲げにくいようで滑らかなカーブが出ません。頚椎7番が左へ飛び出して、胸椎4~6も左へ凸のカーブを描いたまま上手く反対側へ曲がれないのが見えます。


これで直す場所が頚椎と胸椎にあるのがわかりました。左側臥位で寝てもらい、なるべく力が入らず楽に寝れるよう膝のあいだにクッションなど入れて安定させます。胸椎7番の棘突起にコンタクトし、各方向へ軽く押してみます。押した際に一番反発してくる方向へ向けて圧を維持し、それ以上抵抗が出ない軌道へ向きを修正していきます。何度か繰り返すと最初の抵抗感が小さくなり、なんとなくポヨポヨした感じになりました。その上下の胸椎にも少し抵抗感があったので、同じように操作します。


次に仰向けで頭を下から支えて頚椎胸椎を触診しながら首を左右に側屈させます。すると頚椎7番よりも下の胸椎1~3番にスムーズさがないことがわかりました。これも同様に直します。少し関節が安定するまで時間を置いたほうがいいので、そのあいだに足先からユラユラ全身を揺らしました。起き上がって痛みをチェックしてもらうと、もう痛みは無いようです。背骨の動きもとてもスムーズに動いています。まだ痛みがあるようなら操作を追加するか他のところも見るつもりだったのですが、痛くないようなのでこれで終わりにしました。


これはわりと単純なパターンだったので異常箇所を推測しやすく、施術個所も少なかったので時間内に全ての調整が可能でした。パターンがもっと複雑だったり、施術個所がもっと多い場合は、数回に分けて施術をして行きます。
(2018年7月加筆修正)