トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

慢性腰痛で過緊張タイプのかたに著効

全身の緊張度がとても高いタイプの人が時々います。腰痛本人はそんな気はないのですが、横になっても緊張が抜けないので、施術には少し工夫が必要でした。

60代の女性。ホテルの客室清掃の仕事を頑張っておられます。肩こりと腰痛が周期的にひどくなるので、月に一度診ています。
この方、超緊張タイプ。脱力が苦手で無意識に体全体に力が入ってしまうタイプです。そのせいで、たまにマッサージなどに行くと全身いたるところがガチガチに凝っていると勘違いされ、全身強くもまれて、強烈な揉み返しで「もうあそこには行かない」と愚痴る事も。

マッサージなどに行くときは、施術者としっかりコミュニケーションをとって、コリを感じる場所とそうでない場所など自分から率先して説明するように言っているのですが、上手く伝えられない事が多いようです。意識的な力が入っているのか、何か原因があって身体が勝手に力を出しているのかは見分けなければいけません。

さてこの人の腰痛。なかなか難しく、施術後調子は良くなるのですが又ひと月もすると辛くなって来ます。仕事の時の動作や日常的な動作など、どの動作の時にも必要以上に体に力を入れます。
体を固めて使う癖がついているのです。この癖を取るために体の楽な使い方を何度も指導したのですが、なかなか上手くなりません。

そこで何とか体を使う感覚を変える方法はないかと試行錯誤の末、腰仙関節(腰の付け根)をゆるめる操作にちょっと工夫を加えてみると、まず日中の腰の調子が良くなり、次いで朝一の辛さも無くなり、今はとても良好な状態が約3ヵ月続いています。

通常、極力脱力した状態で操作をするのですが、この人は緊張が抜けないタイプなので、緊張の力を逆に利用して直す方法を考案しました。

(2018年8月加筆修正)