整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室

整体コラム

歩くと足の甲に痛み

男性(30代)のかたで、3週間前から歩くと右足の甲に痛みが走るそうです。足の甲強烈な痛みではないようですが、甲が突っ張るような痛みだそうです。足の甲自体に問題があるのか、他の部分の影響で痛みが出ているのかを切り分けます。

足の甲に負荷を掛けるとすれば体重負荷。重心の異常によって起きます。その原因としては足首以外では腰の付け根(腰仙部)や股関節、膝関節が考えられますが、一通りチェックし、特に問題はなさそうです。そこで患部に目をやることに。

足首の関節。距骨部分を見ます。その周辺にはカカトの骨(踵骨)や、甲には5つの足根骨(舟状骨、3つの楔状骨、立方骨)があり、その先には指へつながる5本の中足骨があり、かなり沢山の関節で構成されています。今回痛みを感じる場所は、足根骨の上辺り。そこで足首周辺の全ての関節をチェックしましたが、圧痛もなく、極端な異常は見当たりませんでした。

ちょっと困ったのですが、立って体重をかけてもらいながら触ってみると、痛むほうだけ足の甲が少し盛り上がっています。丁度、中足骨と足根骨の間の関節部分です。多分ここかな?と予想を立てて、その関節を安定させるよう直しました。その場では「なんだか少し良いみたい」という程度だったのですが、2~3日後には痛みはなくなったそうです。どうやら当たりでした。

治す技術よりもどこに異常があるのかを見つけることのほうが難しく、検査方法も常に工夫しなければいけないと改めて感じた症例でした。

(2018年8月加筆修正)