広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

曲げると痛い手首

手首の痛み手首の痛みで多いのは、腱鞘炎でしょうか。
使い方の悪さや、使いすぎなどによる炎症ですね。
今回の話は、手首をケガしたことが原因による治らない痛みです。

右手首の痛みです。
日常の動作では痛みはありませんが、右手首を限界まで曲げていくと小指側に嫌な痛みが出ます。
きっかけは半年前のケガで、そのうち治るだろうとストレッチをやっていたそうですが、治る気配がありません。
痛む動作をチェックすると、手首を最大限曲げ、内側へひねる位置で痛みが出ます。
痛みは手首の小指側です。
痛む動きの真逆の動きをさせた場合は、痛みません。
そこで、手首の関節を痛みの出ない位置にし、抵抗がゆるんでくる位置へ微調整すると、手首の痛みはほぼ無くなりました。
しかし、しばらくすると5割程痛みが戻ってくるようです。
ですが以前の治る気配がなかったときの痛みとは違う痛みになっているそうです。その後数回の施術を行い、痛みは綺麗に無くなりました。

治りにくかったのは、炎症によって靭帯や筋膜などの組織変化(器質変化)も起きていたのかもしれません。そこに加わって関節の不安定化が起こり、痛みが取れなくなたのでしょう。
(2018年7月加筆修正)