整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室

整体コラム

動かない首と足首

関節を長く動かしていないと、周囲に癒着が起こり固まったように動かなくなります。足首

70代男性です。右足首が曲がらないため、歩いていてつま先が引っかかりやすく転びそうになるそうです。それに加えて首も固まったようにほとんど動きません。仰向けに寝ると頭が浮いてしまうほどです。右足首はアキレス腱側がほとんど伸びず、曲げることが出来ません。

歩き難くなったのは10年以上前。首がひどくなったのは15年前からです。足首は40代の頃に踵に痛みがでて、病院で骨を溶かす注射をして治したそうですが、それからだんだん動かなくなってきました。首は子供の頃の転落事故で大けがしてからずっと調子が悪かったそうです。後遺症が残ると言われたほどの大事故だったようですが、運よく日常生活に支障が無いまでに回復したようです。整形外科にも行き、長年ご自身でもストレッチやトレーニングをしてかなり努力されたようですが、首の動きは改善の兆しが見られません。

足首、首、共に痛みはありません。昔は痛むこともあったようですが、それを通り越してしまったのかもしれません。少しハイペースで施術をした結果、最初は直角からまったく動かなかった右足首がずいぶん曲がるようになりました。それに伴い、歩くときつま先が引っかかることが少なくなってきました。ご本人も喜んでいるのですが、長年つま先を上げる力を出していなかったので、筋力が上手く出なくなっているようです。でも、足首の動く角度が広がれば自然と筋力もついて来ます。

首はなかなか一筋縄では行きません。おそらく頚椎に癒着がおきている部分もあるのでしょう。もし関節面が融合していたら、もう動くことはありません。その見極めがとても難しく、慎重に治療しなければいけません。水を飲む動作や、仰向けに寝るときがずいぶん楽に出来るようになったとおっしゃっていますが、まだまだ正常範囲とはいえません。

その後は通常のペースで施術を続け、曲がらなかった足首は当初とは比べ物にならないぐらいよく曲がるようになりました。ほとんど左足首と同じ程度に曲がるようになりました。結果、つま先が引っかからなくなり、スリッパも脱げにくくなり、駆け足も出来るようになりました。10年前に戻った感じがすると喜んでくれました。かなり可動域が狭くなって年数もたっていたのですが、体力が落ちないようにウォーキングやストレッチを熱心にやっている方なので、その分直るのも早かったのだと思います。

しかし残念ながら首の可動域については、十分な結果が出せませんでした。当初よりやや可動域は広がりましたが、とても正常範囲とは言えません。やはり癒着が進んでしまっていたのでしょう。

(2018年8月加筆修正)