トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

両股関節痛と膝の違和感

経緯)
50代男性 座り仕事の人で、今年2月から両膝にチクチクした違和感があり。痛みは無く、膝の動作も問題ないのでそのまま放って置いたら5月より両股関節(鼡径部と殿部側)に痛みが発生。病院でレントゲンおよびリュウマチの検査を受けるが異常なし。原因不明。

薬は痛み止めを処方され1日おきに飲んでいるが変化なし。膝も股関節も日によって痛む側が変わる。散歩し始めが痛いのだが、しばらく歩いているとおさまってくる傾向がある。昔腰痛があったが、今はおさまっている。すでに半年近く痛みが続いている状態。

処置)
10月6日(水)
痛みは特に右側に強く、股関節屈曲、内転、外転全てで痛み発生。大腰筋、殿部筋群、腰背部筋群全てに短縮制限がかかっている様子。痛みをかばって生活していたため、制限範囲が広がったと思われる。

まず、全体を大まかに操作して全体の制限レベルを落とすことに専念。術後右鼡径部の痛みは楽になり立ち上がり動作がスムーズになる。

10月8日(金)
まだ痛みは変化せず。立ち座り動作、股関節屈曲で痛みが強い。前回同様、全体の解除操作と今回は大腰筋の操作を重点的に実施。

10月12日(火)
痛む場所が変わってきた。当初鼡径部に強く感じていたい痛みが、現在は後面よりとなる。位置としては小殿筋あるいは大腿筋膜張筋。殿部の痛みは出なくなっている。

今回から小殿筋エリアに絞って短縮制限解除操作を実施。小殿筋はかなり深部の筋であり、股関節を動かす筋というよりは、股関節の安定に大きく関与している筋と考えることが出来る。こういった深部最下層の筋には、通常の股関節の角度を変えてのゆらし操作では反応が出にくい。そこで、小殿筋の短縮する位置に股関節ポジションをとり、小殿筋部を軽く圧定しゆらし操作。

10月13日(水)
痛みはずいぶん軽減しており、股関節の屈曲動作や立ち座り動作もスムーズになってきている。今回も前回同様小殿筋に絞っての解除操作を実施。

10月14日(木)
前日よりもさらに状態はよくなり、小殿筋部の痛みは消失。現在は股関節屈曲時に鼡径部に筋肉痛のような突っ張り感が残るのみ。この突っ張り感は右のほうが強く左は少し。小殿筋部を触診すると非常に弾力性が出ており良好。鼡径部の突っ張り感は大腰筋および腰部深部筋(多裂筋など)の影響と推測。まず多裂筋群の短縮制限解除操作を実施。腰椎をややそり気味の位置に置き、垂直にゆらし操作。多裂筋も小殿筋同様深部の筋で、関節の安定を担っている。そのため筋の短縮位置のポジションを取っても脱力されにくい。そこで小殿筋同様に圧定しながらのゆらしを数箇所に分けて実施。動作を見ると、左股関節の屈曲動作は制限解除。右は残る。

今度は右大腰筋の短縮ゆらし。これで右股関節屈曲制限もおおよそ解除。また明日も施術予定。だいぶ調子が戻ってきたので今日から自転車通勤を再開するそうです。

-------------
この方は、腰部の動きが大きく制限されており、そこからの負荷が結果股関節周りへと波及してきたのだと思います。職場が安穏亭から非常に近く時間も自由が利く方で、一日でも早く治したいと熱心なので、特別施術枠を使って連日来ていただく事にしました。

当初関節(骨)がおかしいとばかり思っていたようなのですが、私の説明と筋への操作で半年消えなかった痛みが消えてきたことから「筋肉なんですね」と理解していただけたようです。根本的には腰椎の弾力を時間をかけてつけていくことが必要なのですが、日常生活に支障がない程度まではもう少しだと思います

10月15日(金)
自転車に乗った結果は痛みはなし。ただ右足を踏み込むときに鼡径部に少し違和感があり力が入りにくい感じがあるそうです。モモ挙げ動作をやってもらうと、どちらの足も鼡径部に少し突っ張り感。今回は大腰筋と腸骨筋の各繊維方向を意識しながら、小分けにゆらしをかけました。結果左は違和感なし。右はゆっくり上げるのは問題なし。パッと早く挙げると鼡径部にピリッとした感じ。再度腸骨筋を意識したゆらしをかけなおすとだいぶ良い感じのようです。

今日も自転車通勤のようなので、漕いだ感じをチェックしてもらうことに。日課の散歩(1時間)はまだ再開していないようです。どの程度楽に歩けるかも知りたいので、ぼちぼち散歩を再開してもらうことにしました。運動不足になることも避けないといけませんので。次回は来週。・・・・・・・・

10月28日(木)
右股関節周辺の症状はおおよそ治まり順調に快復していたのですが、先週左股関節周辺に強い痛みが出ました。左脚へ体重を乗せるだけでかなり痛いようで、左足をかばいながら歩行。どうも中殿筋のオーバーワークのようでした。中殿筋の操作をして、歩くときの体重のかけ方を指導。操法後痛みは出にくくなったもののまだ痛い様子。

11月2日(火)
その後の経過を聞くと、前回の後痛みは引き今は左脚は非常に調子よく、現在はちょっとだけ左鼡径部奥の違和感が出るときがあるそうです。散歩しても楽に歩け、もう少しで走ることも出来そうだとおっしゃっています。右脚はひざを内側へ入れるとモモの外側~膝に少し響きます。ちょうどゴルフのスイングしたときの形です。今回は、左右腸腰筋、腰方形筋、右の内転筋、外転筋をメインに操法。症状もだいぶ緩和しました。以前は良くゴルフをやっていたそうなのですが、腰を悪くしてからはずっとやっていないそうです。かなり腰の動きに制限がかかっている方なので、現在腰痛はありませんが今後は腰の制限解除も重点的に行えばゴルフも再開できると思います。

(2016年6月更新)