広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

正しい姿勢がわからない?

正しい姿勢先日、友人が聞きたいことがあると言うことで安穏亭にやってきました。
なんでも、いろいろ考えてるうちに正しい姿勢がわからなくなってしまったそうです。正しい正しくない・と言うのは状況によって変わるものなので、なかなか説明は難しいのですが、とりあえず話を聞いてみることにしました。

普段どのように立っているのか聞くと、
気を抜くとお尻が出て、背中が前に曲がってる感じがするそうです。
普段はそれを気にして骨盤を立てるようにしているそうで。
でも、どうにもしっくり来ないようです。
実際やってもらうと、骨盤を後ろへ倒そうとしています。
この骨盤の位置だと、骨盤は後傾してしまい、その結果腰椎の弯曲は消え、まっすぐになってしまいます。
背中からお尻までまっすぐストーンって感じです。この姿勢は、最近の日本人に多いお尻がぺったんこで下に落ちてるダメな姿勢につながります。
たぶん腰椎がまっすぐになる感覚を骨盤がまっすぐ立つ感覚と誤解しているのでしょう。
昔からお尻が出てるのが気になっていたらしく、お尻が出ないのが良いと思ってしまったようです。
正しく立てば腰はしっかり反ります。
その結果お尻は後ろに出て上がったような感じになります。
ただその腰のそりをどうやって作るかがポイントなのです。
腰がしっかり反ってない人に腰を反ってもらうと必ず腰の後ろの筋肉を極端に使ってしまいます。
これが間違いで腰痛の元です。
腰を反らすためには、腰椎の前側についている腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を使うのが正解。
腰椎から骨盤の中を通って股関節に付着している筋です。
これを使うとへそから斜め下へ引っ張るような力が出ます。
この力に上半身の重さを預けるようにすると、腰が反り、骨盤が立ってお尻が持ち上がります。
すると腰の後ろの筋肉の力を無理に使うことなく背筋を伸ばすことが出来ます。
これは自分で腰の後ろを触りながら筋肉がやわらかくなるかどうかチェックしないとなかなか難しいです。
それと腸腰筋の仰向けでの動かし方や立位・歩行時の動かし方を説明すると、かなり感覚を掴んできたようで、立った姿勢がまるっきり最初とは変わりました。

(2016年6月更新)