広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

機能異常と器質異常の相関

機能と器質「機能的異常」と「器質的異常」との関係を考えてみましょう。
機能的異常とは、
解剖学的・病理的な異常が見当たらないにも関わらず、臓器や器官などの働きが低下する、つまり働きの異常です。
器質的異常とは、
内臓や神経・筋肉・器官といった各組織において病理的・解剖的な異常が生じた事により引き起こされる、つまり組織の異常です。
コンピューターのソフトウェア(機能)とハードウェア(器質)との関係に例えられます。
人の身体で考える場合、この二つを全く別々のものと考える必要はありません。
どんな症状も、機能と器質、両方の異常を必ず持ち合わせているからです。

器質と機能の間には相関関係があります。
それは、
「形
は働きを決め、働きは形を決める」という関係です。
機能、器質で置き換えると、
「器質は機能を決め、機能は器質を決める」となります。

では、臨床でよく目にする器質異常と機能異常の相関の例をあげます。
例えば、
腕を打撲→ひどく内出血→激しい痛み→腕を動かせない。と言う一連の流れですが、打撲による内出血は組織の損傷、つまり器質異常です。
炎症が起こり、痛み物質も大量に発生するので痛くなります。
ところが、それと同時に筋肉に機能異常が起きる場合があります。
これは、関節を安定させて動かすための制御に狂いが生じ、筋肉の一部が異常緊張を来たした状態です。
数日たち、打撲で壊れた組織が修復されてくれば、痛みも減り内出血も消え、腕も正常に動かせるようになるはずです。
ところが傷は修復されているはずなのに、痛みが消えず腕が上げられない、と言ったことが起きる事があります。
これは打撲のときに器質異常と合わせて起きた機能異常が、上手く回復出来ずに残っているからです。
慢性的な痛みや体の不調など、明確な原因が見当たらない症状の多くで、このような機能異常が影響している場合があります。
しかし、この機能異常をそのまま放って置くと、次第に組織の萎縮、癒着などが起こり、器質の変化へと進んでいくでしょう。
手技療法は、機能異常(働きの異常)を直す事しかできません。
器質異常を直接治すことは不可能であり、それを行えるのはそのかた自身の治癒力のみで、薬や手術などもその手助けをしているに過ぎないからです。
しかし、器質と機能の相関によって、機能を改善させることが器質を改善させることにも繋がります。

実際の施術を行う時、機能異常と共に器質異常が合わさっていることを必ず念頭に置かなければいけません。
それは、器質異常を悪化させる可能性のある手技を選択しないよう注意するためです。
間違って器質を直接変化させようと考えてしまうと、施術は強い力や大きな動きを伴った激しいものとなり、その施術自体が組織を破壊してしまいます。
考え方として、さらに破壊する事で治癒力を導き出すというのもあるので、器質破壊による施術も完全否定はしませんが、その場合は施術者がそのことを理解し、患者への説明や痛みが激しくなる可能性の説明など、十分に行う必要があります。
しかし、手技においてはこの方法の適応範囲は狭いように思います。
(2016年7月更新)