整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室

整体コラム

左肘の痛みと右肩こり

数ヶ月前から左肘に痛みがある方です。肘の痛み

鞄を左手でずっと持っていると痛みが出て、次第に激痛になってくると言う状態です。思い当たる原因は無いそうです。

あと、右肩を七年前に痛めた事があり、それから肩コリがひどくなったそうです。その頃から、首を少し上に向けると右肩にかけて痛みが走り、高めの枕をしないと仰向けに寝れなくなりました。右の肩を痛めた影響が残っているのでしょう。体(首)をやや左へ傾けている歪んだ姿勢でした。

施術は経過年数の少ない左肘から行いました。

痛みは肘の後ろ側(肘頭)にあり、この部分が外へ向かって張り出すように力がかかっています。これがゆるんで中へ入るように肘の動きを使って施術しました。

ところが施術後は痛みがすぐに無くなるのですが、しばらくするとまた再発します。何か別の部位が悪影響しているようです。

右肩からの影響で首が左へ傾き、この事による姿勢変化が左ひじを上手く使えなくしているのではないかと考えました。そこで右肩の施術を行うと、首は痛みなく真上に向けれるようになり、その後左肘も回復してきました。

体は起き上がっているとき常に全身でバランスを取っています。その為、意外と思われる場所同士が影響し合う事は当たり前のことになります。今回は反対側の腕が悪影響を及ぼしていた分かりやすい例です。

(2018年7月加筆修正)