広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

腕のだるさと違和感

腕のだるさ40代男性。
パソコン仕事。
慢性肩こり。
一週間ほど前から夜になってくると右腕が非常に重だるくなり、マウスを動かすのも辛くなりました。
肩の動作テストでは腕を挙上すると160度ぐらいで上げにくさがありますが、痛みはありません。
また右腕で左肩を触る動作と、首を右にねじる動作で、右の首・肩に痛みが少し出ます。
右肩を下にして寝るのがつらいようです。
それと、右手の甲に明らかな圧痛あります。
押すとかなり痛いようで、押さえておくと腕が上げやすくなるので、施術は圧痛の強い指から肩へ向けてしばらく揺らす事から始めました。
圧痛部分の緊張が小さくなるようにしばらく揺らすと、腕全体の緊張がゆるんで来ました。
次に肩関節を見ました。
肩関節周囲には複数の方向に緊張が出ていたので、それらが緩む方向へしばらくゆらすと、腕の上げにくさは無くなりました。
次に右肩~首への筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋)が外へ張り出していたので、その緊張を中へ向けて納め、筋肉を緩めていきました。
これだけやってもまだ十分な弛緩が得られなかったので、さらに胸椎(T1~4)も使って僧帽筋、起立筋にアプローチしました。
これでやっと痛みは全て無くなり、腕のだるさも出なくなりました。
 
パソコン作業この方はパソコン仕事が主で、長い時は12時間ぐらい連続でパソコンをしているそうです。
腕のだるさは手の指のコリから広がってきた可能性もあります。
パソコンの作業では腕や指を正しく楽に使っていないと、指だけでなく肩や首、背中までも悪くなることがあります。
自分でもケアできるように、指の自己調整方法を指導しましたが、出来ればパソコン作業の時間を減らした方がいいですね。
それと、一番は正しい体の使い方を覚える事です。
(2018年7月加筆修正)