広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

6年来の腰痛

腰痛腰痛も6年続くとそれなりに成長してきます。
成長し増えた悪いところが関係して、ちょっと変わった腰の痛みかたをすることもあります。
 
30代の女性で、6年以上続く腰痛があり、肩こりも慢性化。
腰痛は左腰に出ており、腰からモモへ痛みが広がっている。
ちょっと変わっているのが、腕を真上に上げると左腰~モモの痛みが強くなる。
これは片腕ずつ左右どちらを上げても痛みは同じように強くなる。
両腕同時に上げるとさらに強くなります。
腰の前屈では痛みません。
腰の回旋、側屈は全て左腰に痛みが出ます。
もう一つ、仰向けで両膝を曲げ右へ倒すと左腰に痛みが出ます。
痛みが出る腰の動作が多いため、各方向へ個別にゆらしをかけました。特に右膝倒しを重点的に。
初回、術後は腰の動作による痛みは全て無くなりました。
片腕ずつ腕を上げても腰の痛みは出ません。
両腕同時だとやや痛みが残ります。

一週間後に二診目。
前回の後、腰の痛みはほとんど無くなり良好だそうです。
たまに気になることもあるようですが、すぐ治まるそうです。
その後も経過は良好でほとんど気にならなくなったようですが、疲れたときに殿部に重い感が出るのと、立位で左回旋時に左鼠径部に少し痛みが残る程度です。
腰の回旋による左鼡径部の痛みも施術をすると消えました。
 
この方は左の腰部に負荷がかかる体型になっているのですが、その要因の一つは右腰部にもあります。
左腰の過負荷による過敏状態はかなり治まって来ましたが、日常の動作で左右の腰へ同等の負荷が行くようにバランスを取るには、痛みの出ていない右腰の改善も必要です。
また、左足首の動きが一部低下しているので、この改善も必要です。
 
体は少々傾いていようが硬かろうが、無理な使い方をしてもそれが吸収できる範囲内であれば何の症状も出しません。
ところがストレス過剰や加齢、不規則な生活習慣などによってこの許容範囲が狭くなった時、何某かの症状として現れて来るようです。
この場合、症状が現れた場所が即原因であることは稀で、少し離れた場所に原因が隠れている事も多々あります。
何年にもわたって何箇所もの不調部分をかばいながら、今はたまたまそこに痛みが現れているだけ。
まずは今現れている症状を治める事も大事ですが、さらにそこから推理して、そこまでに至った原因も改善していくことが、再発を防ぐ近道だと考えています。
(2016年7月更新)