トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

身体の中心はどこなのか?

身体の中心について考えてみようと思います。

いったいどこが中心なのか?どこを中心に体を操るのが良いのか?そもそも中心なんてあるのか?

昔から臍下丹田(せいかたんでん)が重要なポイントだと言われています。臍下丹田とは臍(へそ)のすぐ下の下腹部の事で、詳細な場所については諸説ありますが、丹田が身体の中心です・・となると話が終わってしまうので、他の部位についても考えてみようと思います。

ダンスの世界ではどう言われているのでしょう?

サイトを調べてみると、「みぞおち」と書いてあるホームページがありました。丹田とみぞおち。明らかに場所が違います。いろんな考えがあるようですね。合気道では「腹」や「腰」と言ったりしますが、位置としては「みぞおち」ではないですね。どっちかと言うと丹田の位置と近いようです。

先日マイケルジャクソンのDVD「THIS IS IT」を見ました。
マイケルの動きは一緒に出ている他のダンサーとは随分印象が違いました。他のダンサーはとても躍動的で、猫科の動物のような印象でした。マイケルの印象はと言うと、なんだか少し宙に浮いているような、まるで重さが無いような印象でした。

体のどこに中心があるのかと考えて、その動きを観察すると、マイケルの動きは中心が胸の上の方にあり、他のダンサーの中心は腰の下あたり(丹田でしょうか)にあるように見えました。下の図が私が感じたマイケルの動きのイメージです(▲が動きの中心)。

動きの中心・首の付け根

次の図が他のダンサーの動きのイメージです。(丹田中心)

動きの中心・腰の付け根

何故このような印象の違いが生まれるのでしょう?彼らの体の中心の位置が本当に違うのでしょうか?

体の中には決まった位置に中心という点は存在せず、どこでも中心にすることが出来ます。その位置は体の中だけに限定されず、条件内で体の外にも作ることが出来ます。

中心を通る地面に対して垂直な線が重心が乗る軸、重心軸になります。ここでは、中心の位置についての詳細は置いておいて、その点を通る重心軸を取り上げて話を進めようと思います。

人の体は完全に動きを止めることがありませんから、重心軸も常に変動し固定されることはありません。この重心軸をどう使うかによって、動きの印象や質が大きく変わってきます。下の図は、立った位置から右足を上げる時の動きの違いをあらわした一例です。

重心軸の移動

図Bは脚を上げる初動を右足を跳ね上げる事によって作っているため、その反動で上半身が大きく揺れやすくなります。重心は最終的には左足へ移りますが、初動時は逆の右へかかるようになり、筋力も動きも大きくなるため躍動的に見えます。

図Cは初動を重心の左足移動によって作っています。重心の移動を利用すると、重心を左へ移そうとした瞬間から右足へかかる荷重はどんどん減り、自然に右足が浮いてきます。その動きに合わせて右足を曲げれば軽く持ち上がり、勢い(反動)を利用していないので上半身は大きく揺れず、見た目には躍動感は少なくなりますが、安定した軽い動きになります。

図BとCの動きのもう一つの違いは、Bではゆっくり動くとバランスがとれないので、ある程度速い動きになりますが、Cの動きは常に重心移動(バランス)を先行させているため、ゆっくりでも速くでもどちらの動きも可能です(スピードに依存しない)。

Bの動き寄りなのが他のダンサー達で、マイケルの動きはCの動きをかなり精密に行っているのだと思います。それで浮いたような重さのないような独特な印象に感じたのでしょう。この動きは、日本の武術の動きや日本舞踊、またはパントマイムの動きに通じるものだと思います。動き出しを感じさせず、スローで動けて、どの方向にも停滞することなく向きを変えられ、自然に水が流れるように力みなく動ける。そんな動きだと思います。

もしも体のどこかに故障を抱えていると、その部分は重心の移動に協力することが出来なくなります。故障が腰だったら、脚を上げるだけなのに「よいっしょっ」とジャンプするぐらいの労力を使う事になります。歩く時や階段、坂道を上がる時もそうですね。重心を前に移動させるだけで自然に前や斜め上に脚が運ばれていくのですが、重心を後ろに寄せて蹴りだす力で動こうとするととても疲れます。

私が合気道をやるときは、重心の位置を相手の力が掛かってきている位置に移動させます。するとそこ以外の体の部分が自由になり、自然と重心へ向かって吸い寄せられるように動き、結果相手の力に影響されず動くことが出来ます。相手との関係によって重心の位置を換えるわけです。

固定された中心を考えるのではなく、いつでも移動できる重心軸をイメージし、それを感じることが出来れば、身体を楽に操る事が可能になるのだと思います。

(2018年8月加筆修正)