広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

肩の癒着からくる手のシビレ

シビレ40代、男性。
症状)
3ヵ月前から右手第1指~3指にシビレと痛み。
右腕全体のだるさと冷感あり。
夜間痛あり。
整形外科では特に異常なし。痛み止め、シップ、電気治療。改善なし。
マッサージ、整体(ほぐし系)に何度か通うが、変化なし。

操法)
経穴、経絡からの操作無効。
有効なトリガーポイント見つからず。
頚椎からの影響をテストするが影響なし。
と、原因の目星がつかない。
これでは何も出来ない。
これじゃ手の打ちようがないし困りましたねって話になった。
この方は、自分の体は自分で治そうという意識の強い人で、シビレについて調べ、自分でストレッチや体操をやり、今まで行った整体では、何か治る為のヒントは無いかと色々質問したそうです。
私も何とか原因と思われる箇所が見つからないかと頭をひねりました。
そんな中、ストレッチの話をしていると、右肩が左よりも伸びづらいと言います。
そこで、肩関節の可動域を観ると、左はまっすぐ真上まで上がるのに、右は斜め上までしか上がりません。
可動域は減少しているのですが、それ以外の異常、圧痛点などは見当たりません。
操体法、PNFストレッチ、筋エネルギーテクニックなど行ったのですが、可動域改善は見られず。
そこで、肩関節内の癒着を剥がす操法を提案してみた。
この操法。昔はよく行っていたのだが、非常に強い操作で、かなり痛い。
操法後1~2日ぐらい肩に痛みが残る場合もあり、患者への負担が大きすぎると思い、最近は行っていなかった。
操法自体は簡単で、肩関節の可動域ぎりぎりまで上げておいて、そこから一気に肩を引き上げる。
相手が力を入れると痛いだけで失敗するので、スピードとタイミングが難しい。
これが成功すると、肩関節の可動域が広がり、肩周辺の筋、特に深部筋が弛緩。
肩関節部での血管・神経を開放し、手のシビレ・だるさ・肩の凝りなどの改善が期待できる。
十分説明をし、どうするか尋ねたところ、やってみたいと言うので、実施することにした。
まず一回目。
これはタイミングが合わず失敗。かなり痛そう。
2回目は成功。可動域が50%改善。しかしかなり痛そう。30秒ほど余韻でうなってました。
落ち着くまで5分ほど置いて、手の状態を聞くと、シビレ感は5割程度になり、腕の冷感がほぼ無くなる。
次の施術まで、肩の運動を痛くても必ず毎日行うように指導し、初日終了。
 
次は4日後。
やはり次の日まで肩が痛かったそうである。
だが、指示通り肩の運動は欠かしていなかったようで、可動域は前回をキープ。
シビレ感も50%をキープ。夜間痛はほぼ無し。
前回同様の操作を実施。
今回は3回目で成功。やはりかなり痛そう。
可動域はこれでほぼ左肩と同様。
シビレ感はほぼ無く、触ると少し感覚が鈍い感じのみ。
その後、1週間後にもう一度来てもらったが、ほぼ問題ない様子。
やはり少し感覚の違いはあるようだが、腕の血行は改善されたようなので、神経へのダメージも時間とともに改善すると思われる。
後1ヶ月は肩の運動を欠かさないように指導して終了。
 
痛かったでしょう?と話すと、正直1回目のときにシビレが半分ほどになったので2回目も受けたが、もし1回目でシビレが減っていなかったら2回目受けたかどうか・・痛かったですから。
だそうです。
やはり負担が大きすぎるようです。
もっと安全な別の方法を研究しなければなりません。
*注意*
この操法は別の安全な方法で代替が可能となったので、現在は行いません。
(2016年6月更新)