整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室

整体よもやま話

右腕のぼんやりとしたシビレ

今回は操体法を利用した施術の例です。右の肩から手の甲あたりまで、ぼんやりとしたシ手首の痛みビレ感がある男性の方です。

右の首筋にも少し突っ張り感があります。痛くて仕方ないと言うわけではないようですが、なんとなくイヤな感じがして右手の力も少しだけ入りにくい気がするそうで、今までもたまにこんな症状が出るそうです。

調べてみると、確かに右首筋から肩にかけて筋緊張が強く、圧痛が肩甲骨周辺に出来ていました。この圧痛箇所を消すために足首や膝からの操法、肩、首からの操法などなど試し、圧痛箇所はだいぶ減ったのですが、問題の症状がまったく変化しません。

困っていると、「そういえば、右手のひらをついて体重乗せると手首に痛みが出る」と言ってきました。もしかしてこれか?と思い、手首周辺を診てみると、手の甲の人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指の間の手首に近い側(中手骨間の手根骨寄り)に圧痛点が出来ていまし。早速圧痛点に指を軽く当てて、その部分の皮膚を動きやすいほうへ皮膚がぴんと張るように軽くずらします。これで圧痛点はほぼ消えました。すると、右腕のシビレ感が半分ほどに減少。

続いて手首の操法。手首はぐっと反らすと痛いわけなので、逆に手のひら側へ曲げる操法(操体法)をやってみました。正座してもらって、右手を前に出し、ゆっくり手首を曲げてもらう。手首が曲がり、肘が伸び、肩が上がり、体が少し左に側屈し、右のお尻に体重が乗る。こういった形になりました。この形が不快かどうか聞くと、なんとなく気持ちいいそうなので、そのまましばらく続けてもらい、ゆっくり脱力。右腕のぼんやりとしたシビレ感はこれで消えました。

手首を反らせた時の痛みは少し残りましたが、4割程度の痛みになったようです。手首の操法を覚えてもらい、時々手の指をほぐすように指導して終了。なかなか原因箇所がはっきりしなくて悩みました。いつも悩んでばかりなのですが。

(2018年7月加筆修正)