整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室

整体コラム

首を反らさなきゃつらくて眠れない

 

中学生の頃から慢性的に肩こりがひどい中年のかた。来院された理由は、首の痛みと枕三日前から首の両側が痛く、じっとしていて急に動か したときや寝起きが特にこわばって痛むそうです。

特に変わったことをしたわけでもなく、原因のわからない痛みで、寝るときに普通に枕をするとつらいので枕を首に当てて首を少し反らして寝ると 楽だそうです。

普段感じる肩こりは、どちらかと言うと首よりも下の肩甲骨周りに感じるそうで、肩こりがひどいときは首の付け根(頸椎7番)右に「ピリッ」と した押すと痛む場所が出来るようです。

そこで首、背中の背骨の左右を見ていくと、複数の緊張が左右バラバラで規則性があまりない状態で出ています。その中でも背中(肩甲骨の間)の胸椎3番が右方向へ飛び出した状態が目に留まりました。胸椎の棘突起と言う真ん中の出っ張った骨が右のほうへ引っ張られて固定されているようです。

そこでこの引っ張っている筋の緊張を緩めることを第一優先にし、合わせてそれ以外のゆがみを作っている細かな緊張を取っていきました。

棘突起を引っ張っていた筋肉が背骨を支える筋(多裂筋など)なのか、肩甲骨と繋がっている菱形筋なのか、正直その辺は正確には分かりませんが、肩の前側もやや閉じた状態になっていたので、菱形筋だったのかもしれません。とにかく緊張が出ている方向を確かめ緩めていくと、胸椎の位置がかなり中央へ戻ってきて、術後は首がいくらか楽になったようです。その後、もう一度同じ方針で施術を行うと、枕も普通に出来るようになり、首の痛みや肩コリも解消しました。

触診していて感じるのは、緊張している筋肉の中に感じる引っかかりのような感覚です。いつも不思議に思うのですが、どうしてこの引っかかりが自然に取れず残ってしまうのだろうかと言うことです。筋肉繊維も細胞ですし代謝して入れ替わっているはずなのに、まるで記憶されているかのように引っかかりが消えることなく何年も残る。色々な運動や動きの中で自然に消える事もきっと多いのだろうと思うのですが、反面残り続けるものもある。本当に不思議です。

2018/12/4作成